リンパは深部にも!






大変遅くなって申し訳ありません。

お約束のリンパ流しテクニックについて書きたいのですが、

その前に、やはりお伝えしておくべきことが・・・。

今回はそれについて、です。




まず、『リンパを流す』と皆さん仰っていますが、

そもそもリンパ液とは何でしょうか




これを知らないと、リンパ流しテクニックの意味が分かりません。

全ての手法には理由があるのですから。




正直、理由を述べることのできない、

不明瞭な手法には手をださいでくださいね。 




巷では、効果がありそうに見える手法が山ほどあります。

でもその違いに理由がないのも現実です。





簡単にリンパ液についてお話します。




私たちは鼻から酸素を取り入れ、口から栄養を取り入れ、

これを血流(動脈)に乗せて各細胞に送っています。




細胞では栄養を、酸素を使って分解してエネルギーを作り

活動しています。

これで生きていられるわけですね。




ところがエネルギーを作っていくと、

当然老廃物や最終産物といわれるものが出ています。

これを血流(静脈)が回収しているわけです。




で、考えてほしいのは、ここからです。




細胞はどこにあるのでしょう





当たり前ですが、私たちの体は細胞の集まりです。

細胞が集まって体が作られています。




ということは、細胞で作られた

老廃物や最終産物(これらを組織液と言います)は、

体中に存在しているわけですね。



言い換えれば、身体の奥の方にも組織液が存在しているということ。

そして、この組織液を回収しているのが静脈というわけですが、

全てを回収できているわけではないのです。

約2割に当たる組織液、これをリンパが回収しているのです。

そして最終的には静脈に戻しているのです。




ここまでのお話で、特にご理解いただきたいのは、

組織液(リンパ液)は体の深部にも存在するということです。



ですから、身体の深部に残っているリンパ液をも流す

テクニックが必要になるのです。




ところが私たちが通常、耳にするリンパテクニック、或いは

リンパドレナージュといわれるものは、

皮膚の表層に対するリンパの流れを意識されているのです。




多くのリンパ液は、表層に存在する毛細リンパ管に戻って行き、

流されると考えられていますから、

表層のリンパ流しに偏るのも仕方がないのかもしれません。




ですが、深層部でもリンパ液は存在すること、

そして筋肉などが硬化してポンプ作用が働かなくなると、

深部のリンパ液はそこで留まってしまうかもしれないということ。




さらにその影響で浮腫みが出現し、時間経過とともに、

周囲は硬くなっていくという事実を知ると、

表層のリンパ流しだけでは十分ではないということを

ご理解いただけるのではないでしょうか。




というわけで、深部リンパ流しテクニックを考案したのです。




具体的なテクニックをお話しようと思ったのですが、

またまた長くなりましたので次回にお話します。




リンパは体の深部にもあるのだ、ということを、

しっかり認識いただければ、

今回はOKです。





感謝   中辻 正

最新 リンパ流しテクニック




毎日暑い日が続きますね。

まだ7月の半ばですが、この暑さが9月頃まで続くのでしょうか



アメリカの国立公園は、世界一暑いところと言われています。

ここのところ連日50度を超えているそうで、

公園の岩の上で目玉焼きができるそうです。

今までの最高温度は56,5度ということでした。

う~ん。。。

しかし暑い。。。





さて、今回はお約束の、最新リンパ流しテクニックについてお話します。

まずは最新となる、根拠からお話を進めます。




私は顔層筋で筋肉の硬化を改善する手法を表してきました。

筋肉は、動く物、つまり動物の基本的機能を司る器官だからです。

つまり、血流やリンパの流れをも司っている器官なのです。

筋肉が硬化して機能が低下してしまえば、これらの循環自体も滞り、

細胞は弱化して老化しやすくなるのです。




つまり・・・

美しくなるには、避けてはならない、忘れてはならない器官なのです。





そして、今回リンパのお話をしていますが、

筋肉からリンパに変わったわけではありませんよ。

順番なのです。




実は、顔層筋を表した直後に、次はリンパを流さなくてはならないと、

ずーっと思っていたのです。




筋肉を正常にすれば、放っておいてもリンパは流れて、

老廃物は排除されます。




しかし、リンパの流れは非常にゆっくりです。

さらに、やり方などが間違っていて筋の硬化が残っているとしたら、

強制的にリンパ液を流す方法を表さなくてはならない、

そう考えていたのです。




その後、リンパマッサージを勉強したのですが、大きな疑問が2つ出てきました。


1、リンパの走行は解剖学的に決まっているのに、

  なぜリンパマッサージの手法はいろいろあるのか

  教える先生によってリンパを流す方向が、何故異なるのか・・・

  化粧品メーカーによってもリンパの流す方向が異なっている・・・


2、リンパのマッサージは、なぜ皮膚の表面を軽くさするように行うのか

  私の記憶だと、リンパ浮腫などの病態に対して、軽くさするだけの手技では

  なかったように思います。

  力の入れ具合もかなり強めだったように思えます。

  やはり、リンパのマッサージを美容的にしようとして、

  優しく、しかも優雅に、効果があるように手技を整えている

  そんなふうに感じました。





つまらないですね




私は、美容であっても、治療であっても、効果があるものが

一番正しいと思っています。

しかも、リンパの流れがバラバラなのは、さらにおかしいと思っています。

リンパの走行方向は決まっているからです。






次回は具体的に、マッサージ方法を述べていきたいと思います。

では、また。






感謝       中辻 正

ネガティブな感情





リンパマッサージの方法をお話する前に、

今日はちょっと気付いたことをお話させてください。




最近ありがたいことなのですが、とっても忙しくさせていただいてます。

治療あり、セミナーあり、取材あり、etc・・・・。




中には思ったように進まないこともありますが、

全てが上手く行くわけがないのです。

仕事が多くなればなるほど、思ったように行く場合もあれば

行かない場合もあります。




それがこの数日は、上手く行かないことばかりでした。

当然、感情は落ち気味になり、考えることも行動も

ネガティブになってしまいます。

そうなると、やることなすことすべてがうまく行かないような、

そんな気がしてしまいます。






今日、ハッとすることがありました。




ある業者さんにお仕事をお願いするために見積もりを依頼したのです。

その業者さんとは何年間も仕事を共にしてきた方。

しかし、この1年程は仕事をしていませんでした。

久しぶりの仕事依頼だったのです。




依頼はメールで行いました。

「○○をしたいのですが、私にはよく分かりませんので

お手伝いいただけませんか?

もちろん経費はお支払いします。」

というような内容です。




それに対してのご返事は

「当社は高いですよ。一人の人が1週間取り組んで●●円です。

他の方にお願いした方がお安いと思います。」

というような内容でした。




私は少し悲しくなりました。

もともと仕事の内容は、この業者さんが関わっていたもので、

その仕事の延長線上にあるものをお願いしたわけですが、

お返事の出だしが「●●円です」・・・・・。




ちょっとイライラ。。。。。

「そんなに難しい仕事でもないのに・・・高額な金額を提示してくるんだ・・・

ひょっとすると、もう仕事したくないんじゃないか、あ、そうなんだ。」

「断るにしても、内容ぐらい確認してくれてもいいじゃないか」

それで金額を提示してくれればいいのに・・・」




「よし、僕は二度とこの業者とは仕事はしない。絶対にしない」

そう決め込んで、ますます心の中は

ネガティブな思いでいっぱいになりました。






その後、ボクシングに行ってきました。

ストレスが抜けたのか、スキッとした気持ちで帰ってきました。




そして、先程のメールを読みなおしてみたのです。

そうしたら、メール文の最後に書かれていたのです。

「当社に依頼すると高いでしょ 

個人的に安くしたいのですが。。。

いずれにせよ、どのような内容なのかを見せてください。」

よく読むと、優しい、心のこもった文面でした。





私はハッとしたのです。

ボクシングに行く前は、この文節に気付かなかったのです。

見えなかったのです

なぜ






少し考えました。

おそらく、ネガティブな思いがその文節を見せなかったのでしょう。

ネガティブな思いがその文節を読み飛ばせたのでしょう。

そういうことなのかもしれません。。。




ネガティブであるから、気付くことができない。

人の気持ちを理解できない。

綺麗な景色を綺麗だと思えない。

悪いことを悪いと判断できない。

素敵な人を素敵な人と判断できない。

縁がある人が話しかけてきたのに、縁があると感じられない。

素晴らしい仕事が舞い込んでいるのに全く気付かない。




そんな風に、ネガティブな思いがすべてを消し去っているのです。

おそらく、本当に見えない、気付かない、分からない、のです。




自分の感情でありながら、

自分でコントロールできなくなって、結果、

自分勝手な判断をすることになってしまう・・・。





怖いですね。。。

些細なことなのですが、

今日はネガティブな感情の恐さをつくづく感じましたので

ちょっと書いてみました。






感謝      中辻 正

リンパマッサージ!その1






皆さん、こんにちは

今日は、リンパのお話をさせていただきます。



リンパマッサージと言えば、よく耳にする言葉ですが、

まず、リンパとは何かご存知ですか



血管と同じように循環のひとつで、循環しているものをリンパ液と言い、

それを通す管のことをリンパ管と言います。




分かりやすくお話しますと、

私たちは取り入れた酸素や栄養素を、血液を介して体中の細胞に送ります。

これが動脈ですね。

そして細胞で、酸素や栄養素を使って代謝が行われ、

その際に作られる二酸化炭素や老廃物を静脈に戻して回収しています。

これは血流と言う循環です。





これに対してリンパは、静脈で回収しきれなかったガスやイオン、

そして蛋白質や脂質を回収するわけです。

これは回収すべき循環の2割に相当するそうです。




要するに、血流のとりこぼしのお掃除役、とも言えるわけです。




さらにこれ以外には、細菌など体にとって害になるものをとり込んで

リンパ節にためて回収します。

これは炊事場で言えば、排水溝に取り付ける

ごみ袋のようなものですね。

運悪く癌などになると、リンパ節がはれたり、

リンパに転移したりするのはこのためです。




また胸管では、リンパ球と言われる免疫物質を作って身体を守っています。

実はとっても複雑で、最も大切な循環なのです。





さて、リンパマッサージや、リンパドレナージュなどが

美容の世界では主要な手技のひとつとされていますが、

それは何故でしょう

どのように美容と関連があるのでしょうか





まず1つは、細胞で作られた老廃物の回収を考えると、

リンパマッサージは大切です。

老廃物が溜まっては、細胞の正常な再生を邪魔することになるからです。




2つ目は、やはり浮腫みと関わってきます。

老廃物の中には、前述しました細胞の死がいやその他の蛋白質、

そして脂質などが含まれています。

当然のことながら、これらが回収されないで残ってしまいますと、

浸透圧の関係で組織液が溜まりやすくなります。

つまり浮腫みが生じやすくなるわけです。




小顔を目指すならリンパの流れを良くするためのリンパマッサージは

大切であることは間違いありませんね。





3つ目は意外と知られていませんが、

蛋白質や脂質が溜まって放置されると、

どろどろになって固まってしまうことをご存知でしょうか




時間経過とともに、線維状の組織が集まってきて固くなるのです。

ひどくなると皮膚自体が硬くなり、像皮症のような症状を招くこともあるようです。




如何でしょう

だから、リンパの流れが悪くなるのは美容の大敵なんですね。





さて、ここで一言。

このリンパの流れを司る組織は何かご存知ですか

最近リンパにも収縮機能が備わっていることが知られてきましたが、

それはわずかでしかありません。




実は、リンパの流れを司っているのは筋肉なのです。

ということはですよ、

筋肉が正常に働かなければ、リンパは流されないということになるのです。




もちろん細胞と細胞に敷き詰められたコラーゲンなどの弾力線維による

組織圧もリンパを流していますが、組織圧の変化を促しているのも

やはり筋肉なのですね。




筋肉を正常に保つことが、如何に大切かを、

ご理解いただけたのではないでしょうか。





今日はここまで。

次回は、最新のリンパ流しテクニックについてお話しますね。

どうぞお楽しみに 







感謝     中辻 正

岡山へ!




岡山で、トワニ?さんへの美容講習を行ってまいりました。



岡山は始めて伺う土地でしたので、ワクワクでした。

初めての土地に伺うのはとってもいいストレスになります。

どんな人がいるのだろうか。

どんな食べ物が美味しいのか。

景色はどうなんだろう。

もう、ワクワクです




私たちは仕事に疲れたリ気分が滅入ると、

旅行に出かけることがありますが、

行き慣れた決まった場所にお伺いするのではなく、

行ったことのない初めての場所にお伺いするケースが多いようです。





初めての場所では、お会いする人の多くは初めて出会う人たちばかり。

どのような食べ物がおいしいのか、どこで食事をとれば満足するのか。

旅館は綺麗なのか、お風呂は、食事は

と、初めてのことばかりでしょう。





なぜ仕事に疲れて滅入った気分を解消するために、

わざわざ初めての土地に旅行するのでしょう





大学時代に聞いた話ですが、

自身の中にたまったストレスを追い出すには、

異なったストレスを後から入れることで、

前のストレスを追い出すことができるらしいです。





つまり、この旅行のケースも、

行き慣れた場所に伺って見慣れた人と会話して、

食べ慣れたものを食べ、見慣れた景色を見るのではなく、

初めての場所に行き、「どうなんだろう」というワクワクする

よいストレスを入れることで、自身のストレスを解消している、

とすれば納得できるのです。





ジェットコースターを乗るのも気分が晴れるでしょう。

悲しくなると大声で泣き叫ぶこともあるでしょう。

運動などで技と体をいじめ、痛み自体を求めることもあるかもしれません。

人は本当に不思議ですね。





さて、岡山ですが、私の住んでいる岐阜に似ていました。

ところどころに大きなビルが立ち並び、懐かしい商店街が並んでいます。

路面電車も走っています。




食べ物はマスカット、岡山ラーメン、エビメシ、ままかり、

きび団子などが有名です。




一応全て食べてきましたが、特にままかりは美味でした。

もともと私は青魚が好きなので、口に合ったのですが、

ままかりは関東ではサッパと言われ、カモメの餌らしく、

取れても持って帰らないのだそうです。





そのような魚なのですが、岡山ではこれを酢漬けにしていただきます。

「ままかり」の「まま」はご飯で、「かり」は借りること。

つまりご飯を借りてまで食べる美味しい魚という意味のようです。





所変われば味も変わります。

ぜひ、岡山へ行かれた際には、ぜひ「ままかり」をご賞味ください






感謝   中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj