<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

サクラ






19日に造顔マッサージを世に出された美容家の

田中宥久子さんが亡くなられたとお聞きしました。

突然の悲報に驚きました。




お顔のマッサージブームの火付け役となり、大活躍された女性です。

まだ67歳とのことで、ご活躍の場はたくさんあったはずです。

早すぎる死に、心よりお悔やみ申し上げます。





d0339893_12052099.jpg



サクラはほんの数日で満開となり、私たちを感動させ、

そして潔く散って行きます。




日本人は武士道を心の根底に持ち、

武士道に似たサクラを愛しているのでしょう。





最近、柔道をはじめとするスポーツの指導面で、

行き過ぎた行為が問題になっています。



確かに優しく励ましてばかりでは強くなれないでしょう。

問題はそこに武士道があるかどうかなのです。




優しいとはどのようなことか、してはいけないこと、しなくてはならないこと、

何を大切に思い、誰を敬い、何に対して努力するのか。

現在の教育に不満を持つのは私だけでしょうか?






外国に留学され外国で暮らされる方々の多くは

同じことに気づかされるそうです。



「私たち日本人はあまりにも日本を知らな過ぎる」

というのです。




日本の歴史、そして武士道を、一から教育する必要が

あるのではないでしょうか?




話は脱線しましたが、人の一生もこの桜と同じかもしれません。





誰でも一度は満開となり、何時かは散って行くのです。


出来れば周りの人がうらやむほど、

綺麗に花を咲かせて生きたいですね。





田中宥久子さん。

お疲れさまでした。

ご冥福をお祈りいたします。





合掌       



中辻 正

お~インドカレー!



昨日、DVD作成の打ち合わせのために、笹塚に行ってきました。

13時からの打ち合わせには少し時間がありましたので、

何かおいしいものをいただこうと、駅の周りを探索しました。




すると、TVの「ちゅう房です」とか、料理雑誌の表紙を飾っている

インドカレー屋さんに出会いました。





すかさず店内に入りました。

十分な時間があるわけでもないので、空いていることを願いながら。




空いていました。

ほっ・・・(笑)





d0339893_12052056.jpg



お写真はいただいたカレーランチです。

ナンとご飯、そして選択可能な2種類のカレー。

私はチキンバターカレーとお豆のカレーをいただきました。




感想は・・・

「とっても美味しい」


少し日本人向けに作られている感じはしましたが、

基本的にはとっても美味しかったです。




特に香辛料のバランスが絶妙と感じました。

辛めに作っていただいたのに、ほんのり甘いのです。




お店の名前は「ジャイヒンド」です。


ご存知ですか

笹塚のほかには、秋葉原と銀座に支店があるようです。





この後の打ち合わせは、

香辛料のためか

緊張のためか

暖かくなったためか

汗じっとりの打ち合わせでした





感謝   中辻 正

「補う」から、「細胞活性」へ




今日はビッグサイトで開催されている健康博覧会に行ってきました。


d0339893_12052007.jpg




会場内ではサプリメント、ドリンク、健康器具そして美容道具、

さらには食品などを取り扱う会社が、自慢の商品を陳列して

商談をされていました。




今回、特に目立っていると感じたのは炭酸です。


皆さんもご存知だと思いますが、炭酸を利用したドリンクや

健康器具そして美容道具が流行ってきています。




炭酸と聞くとなんとなくいらないものと感じたのですが、

その効果効能を調べると「なるほどね」という感じがしました。




少し書き並べてみます。


1、38度くらいの炭酸水で、頭皮を洗浄するらしいですが、

  普通のお湯で洗うよりも、毛穴の汚れがよく落ちる効果があるようです。



2、炭酸水は胃を刺激して、胃腸の蠕動運動を活発にするので、

  便秘にある程度の効果があるようです。



3、ダイエットには直接の効果はなく、ただ適量を食事前に飲むと、

  ガスで腹が膨らむので、食事量を減らす効果はあるようです。



4、炭酸泉という温泉がありますが、その血行促進効果は有名。

  さら湯の風呂と比べ、炭酸入りの風呂の場合は、

  血行促進効果が5倍にもなるようです。



5、炭酸は疲労回復にも効果があるようですが、疲労時に体内に溜まる

  乳酸を体外に排出してくれるようです。



なぜ、このような効果効能をもたらすのかは、私が勉強不足のために

詳しくご説明できませんが、血液の循環がよくなるから、

と言えるようです。





最近少し思うのですが、ちょっとだけ健康や美容面の対応が

従来のアプローチと異なってきているように感じます。




従来の不足しているものを補うという対応からは真逆な、

刺激を入れることで体の反応を促して、健康や美容面にとって

必要だったり、大切だったりする反応を、導き出そうとする動きです。




少し前には加圧トレーニングが流行りましたね。



とってもよいことのように思えます。

不足したものを補うのも大切ですが、

本来の細胞の働きを促そうとする対応も大切です。



そのことによって、お身体の反応を知ることができます。

さらに生理学がとっても大事だということに、気づくこともできます。





生理学が大事だと気づけば、人の身体の6割を占める筋肉が、

健康でなくてはならない理由が、きっと分かっていただけるはず




この時代の流れ、感じてみてください。





感謝      中辻 正

私の恩師





先日、私の恩師である名古屋大学の曽我部教授が、

今春に官職を退かれるので、その記念講演が行われました。


d0339893_12052039.jpg






記念講演は、先生の生い立ちから現在に至る研究の経緯、

そしてこれからの目標などについてご講演されました。




私は名古屋大学の卒業生でもなく医師でもありません。

が、筋肉の治療を介して先生には大変お世話になっております。

最初の出会いを考えると、かれこれ20年は経過しています。





先生との出会いで、私の人生は形成されたと言っても過言ではないでしょう。

人生にとって一番大切なものを教わりました。




人生の一番大切なもの

もちろん人によって価値観は異なりますから、

大切なものは違うかもしれません。




けれど、大切なものを見つけようとする気持ちと行動が

とても大切であるということは、

全ての人に共通なのではないでしょうか。




私はこれを教わりました。

先生に出会わなければ、軸となるような考えを持たず、

ただ楽しさだけを追求する人生を生きていたと思います。





どのように表現したらよいでしょう・・・。




そう、表現できるとしたら。




「人生を振り替えって、悔むことのない人生を生きることができた」

という、抽象的な表現が当てはまるのかもしれません。




全ての言動は心の中から現れます。

言い方を変えれば、言動を見れば心の根底が現れるはず。




私の根底にはゆるぎないものがあると言っているのではなくて、

軸となる根底の部分を目指して生きて行くことの大切さを、

先生と出会って学ぶことができたのだと思っているのです。




抽象的なお話になってしまいました。。。






先生はこれからも研究を続けて行かれるそうです。

癌の研究とお聞きしました。




私は信じています。

先生は何時か歴史に残る仕事をされることでしょう。

決して偶然だけで、センスだけで、仕事は行われるものではないのです。





ご退官おめでとうございます。

これからもお元気で、そしてこれからもお世話になります




感謝        中辻 正

パパは必ず見守っている




患者様のお話です。

このようなお話は少し不謹慎なのかもしれませんが、

いいお話なので、皆様にご紹介することにしました。





その患者さんは、ヘアーメイクのお仕事をされています。

まだ若くて、私の子供のような存在です。




数ヶ月前から、悲しそうなお顔をされているので、

その理由をお聞きしたところ、

なんとお父さんが末期の癌で入院されているとのことでした。

まだお父さんは60歳手前だそうです。





ある時、お話をしている時、私のことを間違えて

「パパ」って呼ばれました。

「間違えた」と照れくさそうにされていたのですが、

やはり寂しそうで、胸がキュンとしたのを覚えています。




またある時、お話をしている時には、

「癌だから仕方がないけど、若すぎるよ」と。

「そうだね。。。。」としか言えませんでした。





そしてそれから3カ月ほどたったある日、

「私、パパが死んだらどこかに行こうかな。

 ヘアーメイクの仕事も辞めて、違う仕事探そうかな。。。。」

そうお話されたので、私は

「何言っているの 

専門学校にもお父さんたちが行かしてくれたんでしょ。

きっと立派なプロになるあなたを夢見ているはずだよ」

と返答しました。



その時、彼女は無言でした。







そして先日、メールが届きました。

(血圧が低くなって、今日が山だって。だから病院に行くの。)





私は心配になり、夕方お電話しましたら、電話の向こうでお話されました。

「パパ、死んじゃった。」





頭突な一言でしたが、大声で泣き出すのを制止するかのように

喉のところで詰まらせながら、お話されました。

私は慰める言葉も何も、「そうか・・・」としか言えませんでした。







そしてその夜、本人からお電話がありました。

明るい声でお話されたのです。



「私ね、パパの髪を切って死化粧もしたんだよ。

 とってもハンサムに、私がしたんだよ。」と。

(化粧をしている彼女の姿が目に浮かびました)





「よかったね。パパ喜んでるよ。

これからも、ヘアーメイクのお仕事がんばるんだよ。

パパは天国から見てるよ。」





そうしたら彼女は言いました。

「うん、頑張る。もう迷わない。」






「かわいそうに」という思いと、「がんばれ」という思いでいっぱいになりました。

なんとしても幸せになってほしい。





お父さん、どうか見守ってあげてください。


○○ちゃん。「がんばれ~~」



感謝    中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj