<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

岐阜のいいところ





雪の中を東京から岐阜に帰ってまいりました。

寒い

やはり岐阜の方がとても寒く感じます。




岐阜では「伊吹おろし」といわれる風が吹きます。

県内に伊吹山という山があるのですが、

どうも山に積もった雪で冷やされた冷たい風が

岐阜市内を吹き抜けるからだそうです。




電気毛布と羽毛布団にくるまって朝を迎え、

今朝、喫茶店で朝食をいただきました。




写真は喫茶店のモーニングです。

d0339893_12052149.jpg




コーヒーとは別に、サンドウイッチ、卵、サラダ、ウインナー、

そして暖かいおそばまで付いています。

これだけ付いて350円





東京では信じられない価格の、これが岐阜のモーニング。

これも岐阜のいいところのひとつです。



感謝     中辻 正

台湾へ 最終回





お腹がいっぱいになった後、ホテルに戻る前にお茶さんへ。

カフェではあるのですが、コーヒーはありません。

お茶屋さんです。




まるで日本の喫茶店のように、若い子がいっぱいで

お茶を飲んでいるんです。

私も試しにいただきましたが、飲んで納得。

とっても美味しい。それにとっても新しい。

新しいわけでもないのでしょうが、

オヤジの私から見ると、とっても新鮮でした。




タピオカ入りの抹茶ラテです。
d0339893_12052185.jpg




本物の抹茶です。

メチャ美味い

これは若い子が集まるのも、わかります。






美味しいお茶で、気分よくホテルへ向かいました。

明朝は早い便で日本に帰るので、

早く寝るべき、とホテルへ戻ったわけですが、

やはりこれでは収まりきらず。。。

寝てしまうのはもったいない気がして。

夜中の12時というのに、再びホテルを出て、夜の台湾へ~




目的は、やっぱり屋台でしょう(笑)




何が売っているのかを見て、食べたいものを食べる。

日本でのお祭りみたいな感じなのかもしれませんね。

お腹はいっぱいのはずですが、好奇心が勝って

第3の胃袋が出てまいりました。






一つ目は肉ラーメン。

俳優の梅宮辰雄さんが、この店の肉ラーメンを

美味しそうに食べているお写真が飾ってありましたので、

思わず店内に。

d0339893_12052152.jpg




正直、私の口には合いませんでした。

というか、まずいと言っても過言ではないくらい・・・




「失敗、失敗」 そう思いながら歩いていると、

屋台でソーセージを焼いていました。

これは美味しそうだ~

なので思わず1本

うーん・・・・微妙・・・・

またもや失敗。。。




この後、歩いていると、ひとりの女性が日本語で

私に声をかけてきました。




「どちらに行かれますか?マッサージいかが?若い子いるよ!」




私は笑いながら、なぜかおもわず

「美味しいラーメン探しているんだ」

と、言ってしまいました。

肉ラーメンを食べたばかりなのに、です。




すると女性が、立っている場所の3軒隣のワンタンラーメンが

美味しいよ、と、私を引っ張って連れて行ってくれるんです。




断るわけにもいかず、そのままワンタンラーメンを食べることに・・・

d0339893_12052274.jpg




値段は60元だから、日本円にして約180円。

安いから「まぁいいか」と思ったのに、

このラーメンが、メチャメチャうまい~~~

これはイケました。

もう お腹は、はち切れそうでしたが(笑)





台湾の旅行はお仕事が大半でしたので、

台湾のごく一部しか見ることができませんでしたが、

日本からも非常に近く、とっても親近感を感じました。





次回、お邪魔する機会があったら、故宮博物館にも行ってみたいし、

もっともっと台湾を食べつくしたいと思います。





皆さんも是非、台湾へ。

とっても優しい人が多い国でした




感謝   中辻 正

台湾へ その3





2日目のレクチャーを終えた後、台北の街を少しブラブラしました。

d0339893_12052271.jpg




まず、お勧めのフットマッサージを受けることに。

約60分で2500円程度。



日本で受けることが少ないので、

これが高いか安いのかは分かりませんが、

とっても気持ちがよかったです。



疲れていたのもあるのですが、30分程度寝ていたようです。





気分をリフレッシュして、さらにブラブラ~。


d0339893_12052273.jpg

この写真の信号機についている信号灯はみえますか?




上に19の数字が見えますね。

この標識は青色で、あと19秒は青色だよ、ということを表しています。

また、その下に人間が歩いている姿が出ていますが、

残り5~7秒程度になると、この人間が走り出すんです。

残り5~7秒だから走れ~と言っているんですね。




面白いですね。

凄く気に入っています。

何処となく優しいですよね。。





日本もこんな標識作ってくれたらいいのに、と思います(^v^)

海外へ行くと、ひょんなところで

おもしろいな、とか、感動~、とか、普段とは変わった感覚に

出逢うことができるから、楽しいですよね。






もう少しブラブラしていると印鑑屋さんがありました。

ふと、日本で使っている印鑑が欠けてきていたこと、

確か、台湾は象牙や石の印鑑が有名で、安く作れることを思い出し、

これは作らねば~と、さっそくお店に飛び込みました。





時間的なこともありましたので、文字を彫っていただくことはせず、

印章だけを買うことにしたのが、少し残念でしたが、

それはいろいろな石や木、そして象牙など、

多種多様な印章の数々がありました。





そしてそろそろ夕食タイム。

今晩は、適当に台湾らしいものを食べてみようと思い、

いろいろなお店に入ることにしました

お腹がどこまで持つか分かりませんが、食べまくろう

d0339893_12052268.jpg

まずはショウロンポウと牛のバラ肉入りラーメン。

それから次から次に出てくる飲茶を食べまくりましたが、

お写真を撮るのを忘れちゃいました~

皆さんもありませんか

写真を撮ろうと心では構えているのに、気づいたら撮るのを忘れて

すっかり食べちゃいました~ということ・・・。





お腹が空いていたせいかな(笑)

な~んて、ね。

ただの慌てん坊ですね・・・・





次回は、「台湾へ」最終回になります。




感謝     中辻 正

「アルゴ」が受賞






台湾へ その3 の前に。

今日は大好きな映画のお話をひとつ。




以前、このブログでもご紹介いたしましたが、

ベン・アフレック監督、主演の「アルゴ」が、

アメリカのアカデミー賞の前哨戦ともいえる、

ゴールデングローブ賞を受賞しました。




レミゼラブルはミュージカル・コメディ部門での受賞です。




2つともアカデミー賞の最有力候補ですが、

私はアルゴが受賞するように思えます。




皆さんは、ご覧になられましたか

とっても良い映画ですよね。





アルゴは味のある映画。

レミゼラブルは感動の映画。

と私は解釈しているのですが。





特にレミゼラブルを観ながら、私はたくさん泣けました。

友人の女性に「感動して泣きっぱなしだったよ。」とお話したら、

すぐ観に行かれて、返ってきた言葉は、

「何処が泣けるの?」。。。





「感情が無いんかい」

と一瞬思いましたが(笑)

泣けるツボが違うのかもしれない、そう解釈して、

黙っていることにしました(;一_一)





しかし、映画は良いですね~



おそらくアルゴは、もう映画館ではやっていませんので、

DVDが出ましたら、是非観てください。

とっても味のある映画です。





感謝       中辻 正

台湾へ その2



台湾2日目。



朝9時に待ち合わせて、現地のネイルサロンへ。

台湾に伺った目的のひとつ、顔層筋のご紹介のためです。



そのネイルサロンのオーナーは元看護士さんで、

お医者さんと提携して、巻き爪の改善や事故などによる

爪の損傷を治しつつ、綺麗なネイルを提供されています。



お店の名前は「医甲館」といいます。

FREYAで検索すると出てくるかも、です。



サロンは素敵なマンションの1階~3階を借り切っていて、

非常にゴージャスな雰囲気を醸し出していました。




室内はVIPルーム、会議室、ネイルルーム、施術ルームなどを完備し、

使われている道具は現実に病院で使用している道具、

台湾では唯一、衛生面で合格認定されているとのことでした。




お客さんもセレブの方が多く、ほとんどが病院から紹介されているそうです。




「美容サロンも、医療機関から紹介されるようになれば素晴らしいのに」

と、私は常日頃から思っていましたので、

う~ん、理想的なサロンだ~ そう思いました。




サロンでの講義風景と、このサロンでのショットです。
d0339893_12052297.jpg


d0339893_12052272.jpg




サロンにお越しいただいた方々と。
d0339893_12052220.jpg




顔層筋施術のデモを行っている風景。
d0339893_12052285.jpg





いつも日本でもそうなんですが、

いやぁ、台湾の美容家の方たちも、真剣そのものです。

その後、たくさんのご質問攻撃にあい・・・(笑) 無事終了しました。

みなさん、お疲れさまでした~(^v^)





さて、夕飯までには時間があったので、

お茶をしながら少しブラブラすることに・・・




続きは「台湾へ その3」 にて



感謝    中辻 正

台湾へ その1




お正月明けに、台湾に行ってきました。


台湾といっても遊びではありません。

みっちり、お仕事です(@_@;)




8日早朝、同行の方と2人で、8時45分のJALに乗り台湾に向かいました。

この同行の方のお名前は伏せますが、非常にVIPな方で

世界を飛び回っている方です。

空港では、この方がVIPのため、私もVIP扱いです。



d0339893_12052373.jpg

VIPルームでいただいた朝食です。



d0339893_12052314.jpg

VIPルームから見た飛行場です。




普段は大きな待合室で、時間が来るのを待っているのに、

VIPはこんなところで時間をつぶすんですね~。

他にもインターネットルーム、身体のマッサージ器具が置いてある

部屋まであるんですよ。。。





台湾に着き、ホテルに向かいました。

着替える時間もなく、そのまま昼食。

そして、その日の目的であったお客さんのところに出向きました。




その方はMENTORという会社の経営者で、

アジア圏に250店舗以上の美容室をお持ち、

それ以外にもエステサロンや美容整形外科を何軒も経営されています。

こちらはその美容外科です。

d0339893_12052310.jpg


驚くなかれ、社長は女性で年齢はまだ40才前後(*_*)




そして、そこの院長のROYさんです。

d0339893_12052390.jpg





伺った目的は、顔層筋の普及活動でした。

ところが、ROYさんが腰痛持ちで腰の治療をしたり、

受付の女の子の肩が上がらないということで

顔層筋の治療より、肩、腰の治療に費やす時間が多く・・・(笑)

まぁとても喜んでいただいたのでよかったですが





その後、夕食会にお招きただきました。

台湾料理を待ち望んでいたのですが、どういうわけか中華料理でした。

しかし美味しかったです


d0339893_12052392.jpg


d0339893_12052376.jpg


d0339893_12052336.jpg


本当にいろいろ出てきましたので、数点だけ掲載しますね。

上から、北京ダック、鳥のスープ、そしてお魚。





夕食会にはたくさんの方々がいらっしゃっていて、

名刺交換をしましたが、どなたもVIPという感じでした。

年商、何百億~何千億という仕事をされているとか・・・。



まぁ、私には関係ないかと心の中で呟きながら(笑)

ひたすら中華料理をたいらげておりました。




私はお酒が弱いのですが、ここでは進められたら飲んだ方がいい、

と同行の方に耳打ちされたので、そうか、ここは飲まねば・・・

というわけで、紹興酒を・・・




しかも台湾では少し変わった飲み方をされるようで、

いちいち相手の名前を言って、一気飲みします。

言われた方も、すぐさまグラスを持ち、挨拶しながら一気のみです。



たとえばこんな風です。



「中辻さん。ようこそいらっしゃいました」 ごくっ。

「ありがとうございます」 ごくっ。



「中辻さん、よろしく」 ごくっ。

「はい。こちらこそ」 ごくっ。



こうして、紹興酒を口の中に放り込んでいくわけです。




ホテルに帰ったらフラフラ~~~

私は日本暮らしでよかった・・・(笑)





こちらはホテルのお部屋です。

d0339893_12052338.jpg





台湾へ その2で、また続きを書きますね。

では



感謝    中辻 正

適当に生きるということ



新年明けましておめでとうございます。

お正月も「あっ」という間に過ぎてしまいましたが、

皆さんはいかがお過ごしでしたか。



海外で過ごされた方やお正月もお仕事だったという方も

いらっしゃるでしょうね。



今年も事故や病気などが無く、平凡でいいですから

穏やかな一年であることを願っています。




さて、今年の私の抱負ですが、

「適当に生きる」ということにしました。



適当

いえいえ、この適当とは、いい加減という意味ではありません。




生きていく上で自分に適した人生を生きる。

仕事も、運動も、遊びも、です。





実は生物にとって適した環境とは非常に大切なことなんです。

適していたからこそ種族の繁栄があり、

その種族が生き延びてきたわけです。





では適した環境とは、どのようなことなのでしょうか。





動物実験の範囲ですが、ネズミをいろいろな環境状態で飼育して、

どの環境のネズミが長生きするかを調べた実験があります。




多くの環境状態をお話すると長くなりますので、

一番明暗がはっきりする環境をお話します。




片方は十分に食事を与え、運動も比較的多い環境で育てたネズミ。

もう片方は食事の量は少なめで、運動量も少なめな環境のネズミです。




さて、どちらのネズミが長生きをするでしょう




皆さんのご想像どおりなのですが、食事の量は少なめで、

運動量も少なめな環境のネズミが長生きをすることが

実験の結果、分かっています。





ネズミとゾウの平均寿命は異なりますが、死亡までの心拍数の合計は

ほぼ同じであることはご存知でしょうか。



どうやら心臓が生きている間に打つ拍動数は決まっている、

というようなことを唱える学者がいます。



つまり、その心拍数に達するとその生物は死んでしまうということです。




この真意は分かりませんが、ただ言えることは、

食事を多く取れば代謝が間違いなく増えるわけで、

その分血液の流れも速くなり、血管や心臓が摩耗することになります。




運動も同じです。

激しい運動を行えば心拍数は必然的に増えます。

当然、心拍数のうつ回数が決まっているのであれば、

無理な運動を行えば行うほど、心拍数が増えて死に近づくことになります。




だから適当に生きる。

ただ早死にしたくないから適当に生きるわけではありませんよ。




お仕事を行うにしても、人と付き合うにしても、遊びにしても、

無理をしてはいけないように思えるのです。




背伸びして仕事を行う、自分を良く見せて人とつきあう、

楽しくなくても無理をして人につきあう。

時として、人生を生きていく上で必要なことなのかもしれませんが、

これでは疲れてしまいます。

ストレスがいっぱいたまってしまうかもしれません。

自分らしさが消えてしまうかもしれません。




私は54歳になって、あと何ができるかを考えた今。

適当に生きることの大切さを感じるようになりました。

適度にと言った方がいいのかもしれません。





それは、無理をしない。うそを言わない。信念を曲げない。

自分を出すことのできる環境作りを行いたい。

そして信じてくれる方々とおつきあいをしていきたい。

その方々と人生を共に謳歌したいと考えています。

これが私にとっての適当なのです。





少し、哲学的なお話になってしまいましたが、

一年の初めですから、これぐらいはお話しなくては(^v^)






自分にとって、適当な環境。

皆さんも、ご自身にとって何が適当なのかを考えてみるのも

よいのではないでしょうか。

早く死ぬということは、早く老化するということと同じなのですから。。。








今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。



感謝    中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj