<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

仙台の美味しいもの




先週から今週にかけての連休に、仙台へ行ってきました。



休みではなく、筋肉を対象とした徒手療法の研究会です。

北は北海道、南は九州から、全国でご活躍の先生方が

一堂に会して話し合いがもたれました。




今回で、仙台を訪れるのは2回目です。

1回目は震災の2カ月あとぐらいに伺った時。

その時は駅ビルこそお店が開いていましたが、

駅から離れると、ほとんどのお店は休業状態だったと記憶しています。




ところが、今回の仙台は

「ほんとに」という賑わいでした。




連休の真っ只中だったからかもしれませんが、

街には若者があふれかえっていました。




ある先生が呟きました。

「仙台はバブルだよ」




復興する為のエネルギーは凄まじいものなのでしょう。

「復興するぞ」という強い思いや行動と、

本当は必要ではないのかもしれない、しかし必然なのかもしれない、

その強い思いに群がる人たちがバブルを作るのかもしれませんね。




このバブルのように見える賑わいが、

群がった人たちによって作られた一時的なものではなく、

消えることのない、新しい仙台の基礎となりますことを心から願っています。





そうこう考えながら研究会は終了し、夜は先生方と

仙台の美味しいお寿司をいただきました。

d0339893_12052522.jpg





特に美味しかった握りを3点ご紹介します。



一つはマツタケの握りです。

d0339893_12052564.jpg


真ん中の握りがマツタケ

でかいでしょ

おそらく1貫2000円ぐらいするのでは。。。



二つ目は分かりますか?

d0339893_12052574.jpg


エビの上にさらにエビが乗っています。

上のエビは甘く煮こんだ佃煮のようなものです。

この2種類のエビの味が口の中で絡み合って、絶妙でした。




3つ目は少し分かりにくいと思いますが、

やはり真ん中にある、実はこれは生のシャコなのです。

d0339893_12052524.jpg


生シャコは初めてです。

仙台の先生が、頭からガブリと食らいつき、

バリバリと音を立てながら食べるのを真似て、私も頭から。



まるで甘エビのようでした。

頭はエビとは異なり固い甲羅というよりも、軟骨という感じです。





いやぁー、さすが仙台

美味しいものがありますね。



福島、仙台と、今回の震災や原発の問題で、

食べられなくなったものや、採ることが出来なくなったものが

たくさんあると聞いています。



「非常に残念だな・・・」という思いでいっぱいです。




皆さん、がんばって下さい

来年も必ず仙台に伺います。



 
感謝   中辻 正

嬉しいご報告




本日は皆様にお礼を申し上げたいと思います。




つい先日、これからも筋肉の重要性を伝え続けますよ、

そうお伝えした矢先、

嬉しい知らせが届きました。




おかげさまで、宝島社から出させていただいた

「顔層筋トレーニング」 の重版が決定いたしました。


d0339893_12052622.png







少しずつではありますが、

筋肉が日々の活動や生活の基本であり

最も大切な器官のひとつであるということに、

気付いていただいている方々が増えてきた証なのでは、と

大変嬉しく感じました。





ありがとうございます。






また、最近では

宝島社「INRED10月号」

宝島社「GLOW9月号」

文芸春秋「クレア10月号」

主婦と生活社「週刊女性10月9日号」

マガジンハウス「クロワッサン11月号」

に登場させていただいております。





ご興味のある方はご覧いただけたら嬉しいです。







昔、もう数十年も前になってしまうのが悲しいところですが(笑)

私が独自の筋肉治療を始めた頃には、

筋肉の重要性を言っても、そっぽを向かれたことしばしばで

それが長い年月を経て、

今では○○筋、△△筋を鍛える、□□筋を緩めるなど

たくさんのメソッドや名称があちこちで目につくようになりました。





本当に大事なこと、正しいことは

伝わるのだな・・・と改めて実感しています。






中には、安易なものもあるので注意してほしいですが。









これからも筋肉の重要性と、健康な筋肉の必要性を

皆様にお伝えできますように、努力してまいります。






本当にありがとうございました。



感謝   中辻 正

鉄の女





今、岐阜に帰ってきています。

東京と比べると時間の流れがゆっくりで

その為、ついついのんびりしていまいます。

やらないといけないこと、いっぱいあるんですけどね・・・。





今日は「マーガレット・サッチャー 鉄の女」という映画を

DVDで観ました。




とっても素晴らしい映画でした。

主役はメリルストリープですが、サッチャーそのもの




私は映画が好きで、結構たくさん観るほうですが、

最近観たのは「ハンガーゲーム」、「デンジャラス・ラン」

2つとも、とっても面白かったです。

「最強の二人」も楽しみです



ですが、今回ブログで「サッチャー」を取り上げたのには理由があります。

映画の中の一節に共感したからなんです。






その一節。

『最近は考えるという言葉を発しない。「皆が思う」と発している。

しかし、考えるからそれは言葉になり、言葉は行動になる。

行動は習慣となり人格を作る。

そして運命を作る。

だから考えることが大切なのだ。』



確か、このような一節であったと記憶しています。

正確な言い回しではありませんが、骨子はこんな内容で、

とても共感しました。




人はつらい時や悲しい時、そして困った時に、いろいろな思いを募らせます。

「思い」は、その都度変化するものであるのかもしれませんが、

「考え」は不変であるべきだと、私は考えています。




オヤジの堅苦しい考えだと言われそうです~

頑固おやじとも言われます

でも、もう54歳、いいじゃないですか、頑固おやじで(笑)




たとえ、なんと言われようとも考えは変わりません。



多くの人に、筋肉の大切さと筋肉治療の必要性を伝えることが、

私の使命だと考えています。







硬いお話になってしまいましたが・・・

一度、考えてみませんか。


人生の中で、その時々の思いに振り回されるのではなく、

不変である「考え」について。




何を軸に、私は生きていくのか、と。







私はこれからも、ずっと考えていきたいと思っています。






感謝    中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj