<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ポチャポチャ.2 『ダイエット』





先日の「ポチャポチャ!」のブログ、

すごい反響で、心のこもったご意見をたくさんいただきました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

ありがとうございました。。。




ポチャポチャ2と書きましたが、続編ではありません。

相変わらず、私の娘はポチャポチャです(笑)





でも、やはり私の気持ちは変わりません。

ポチャでも、元気で、健康で、明るく、

皆さんに愛される女性に育ってくれれば嬉しいです。




たとえポチャでもいいじゃないですか

まぁ本人が年頃になれば、悩むのかな?

親としては少し勝手なのかもしれませんが、

あたたかく見守ってやれればいいなと思っています。





今日は、『ダイエット』について

痩せ方とその経過についてお話を進めてみたいと思います。






さて、読者の皆さんはダイエットの経験はございますか?

痩せることはできましたか?

皮膚がかさつき、小ジワが増えたような気がしませんでしたか?

パーツで偏った痩せ方をしませんでしたか?

リバウンドはしませんでしたか?

筋肉も痩せてしまいませんでしたか?




これだけは言えます。

アンバランスな食事方法だけのダイエットは決して成功はしません。

上に書いたような、何らかの現象が現れる事が多いはず。

これでは健康とは言えません。





ではなぜこのような現象が現れるのでしょうか。

実は、代謝能力が、

身体の部位ごとに異なっている可能性があるのです。





たとえば、ダイエットをすると、

いつも上半身だけ痩せて、下半身が変わらない。

お顔だけ細くなってしまう。

身体全体は細くなるのに腕回りだけは細くならない。

などなど・・・。




つまり、痩せづらい部位は代謝能力が落ちている可能性があるのです。

その理由は、ずばり循環の問題です。

酸素の供給量が低下しているのだと思われます。




ではその対処法は?




循環を良くする。

つまり深層筋を含め、筋肉を柔らかくすることです。

私が提唱しています、

深層筋メソッドをこまめに行っていただければよい訳です。




現実に、たくさんの方が深層筋メソッドを行ってくださって、

痩せているんです。

それもバランスよく、健康的に。

詳しい理論は「タオル一本で肩こり腰痛を治す」をご参照ください。





今回はもう少し、気持ち的にも始めやすい、

シンプルな方法をお伝えします。

「え?これだけ?」

と思われるかもしれませんが。。。




ラジオ体操や柔軟体操を行って、

痩せにくいところ(脂肪がのっているところ)をマッサージして下さい。

そう、たったこれだけで、変わってしまいます。




1カ月程度で身体の肉つきが変わってきます。

バランスがよくなるのです。

分かりやすく言うと、

服を着た時に服がフィットするというか、服が似合ってくるのです。




この頃は、まだ体重は変わりません。

ところが周りからは「痩せた?」などと声がかけられるようになるはずです。

体重の減少は、ここからです。




2ヶ月が経過した頃には、

1~1・5キロ程度痩せているのが分かります。



そうすればしめたものです。


間食も止めるようにして、甘いジュースの代わりに水を。


そしてさらに1~1・5キロの減。




この頃から少しウオーキングやマラソンをやってみる。

そうすれば、体重の減少は加速していきます。



毎日行うのです。一日30分くらいでいいのです。

目標は人によって勿論異なりますが、

およそ1カ月にマイナス1・5キロです。




必ず変わります。

ただし、決して無理はいけません。

偏った食事制限は代謝を狂わせます。

まずは毎日の生活のリズムを狂わせないよう、普段通りに進めて下さい。




無理をしたり、生活のリズムを変えて行うと、

必ずリバウンドしてしまいます。



必ず変わります。

頑張って下さい!





なになに

「自分の娘に指導しろ」ですか



いや、今はやめておきます。

時の流れのまま、自然のままに、任せます。

小学生の彼女には、今のままでのびのび育ってほしいから。




年頃になって彼女がまた悩むようなら、

その時は娘にも話したいと思います。



では、また。

がんばって下さい




感謝    中辻 正

『ゴチになります』絶賛の店




先日、『ぐるナイ ゴチになります』で

絶賛だったという美味しい北京料理のお店を

患者さんが教えてくれました。



そこで、いつもお世話になっている

素敵な女性をお誘いし、行ってきました。




いつも写真を撮らずに食べ始めてしまい、

なかなか記事に書けないでいるのですが・・・

今回はご一緒の女性もブログをされているので

撮影した写真を貸していただくことにしました





お店は芝パークホテル内『北京』。

半個室のような作りで、非常に落ち着いて

お食事を堪能することができましたよ。




前菜の盛り合わせから、

ふかひれスープ、炒め物、揚げ物・・・・・・と、

お薦め料理をお店の方がセレクトしてくださいました。



本当は自分で好きなものを選べば、

それを注文を受けてから作ってくださる、という

バイキング形式なのですが、

58種類ほど料理があるので、迷うんですよ(笑)



そんなことで、お薦めを聞いてみたら、

そのように選んでくださったというわけなんです。



さすがだと思いましたが、

その中には、私が食べてみたいなぁ、これは食べたいぞ、

というものをしっかり押さえてくださっている。



そしてタイミングを見計らい、途切れることなく、

また、焦らされている感じもなく、いいころあいで出てくるんですね~。



ここにもいました、プロフェッショナルが




そんな中からいくつかお料理を紹介します。

出た順番ではありません、念のため。


d0339893_12054284.jpg


大海老の蟹味噌炒め

海老がぷりっとは当たり前、蟹味噌の味付けがいいです。




d0339893_12054243.jpg


海老の甘酢炒め

同じ海老でも、全く異なる味付けです。

鳥の唐揚げよりも、バクバクいただけてしまいます




d0339893_12054214.jpg


サーモンサラダ

中華っぽくないですが、箸休めにということで出ました。

確かに、さっぱりしますね




d0339893_12054247.jpg


蟹淡雪

卵白のふわふわで、なめらかな舌触り~

上品な蟹のお味が淡白な卵白にアクセントをつけています。




d0339893_12054208.jpg


イカ団子の炒め物

こちらは少し濃厚な味付けです。

イカ団子は普段あまり食べないですが、美味しいですね




d0339893_12054226.jpg


牛肉の炒め物

柔らかいお肉に舌鼓 全く脂っこくないんです。




d0339893_12054271.jpg


酸辣湯麺

酸味が効いています。

麺もほどよい太さで、つるつるいっちゃいました~




こんな感じで、どんどんと、美味しい料理を

みんなでたいらげていきました。



ご一緒した女性陣も、食べる、食べる(笑)

いいことです




先日も書きましたが、

美味しいものを食べている時の嬉しい顔が最高だと思うから




d0339893_12054320.jpg


私も楽しい笑顔になってました・・・




「ダイエットしてるから~」

そんなことを理由に小食なんて、許しませんよ



そんなに気になるなら、

しっかり食べて、この圧迫法でお痩せなさい

d0339893_12054381.jpg





最後にデザートは・・・

d0339893_12054389.jpg


上部に写っているデザートは「羅漢果のムース」で

私は羅漢果がどのようなものかわからなかったのですが、

これが実に美味しかったですね~。

血糖値の上昇を防ぐ効果があるのだとか・・・。

最後の2つだと仰っていました。




2日前から、中華を食べないようにして行った甲斐があったというもの。

堪能させていただきました



お酒はあんまり飲めない私も、紹興酒を少しいただいたのですが、

これもとても美味しかったです



こちらは是非、またお邪魔したいお店です。



皆さんも一度、行ってみてください。

きっとご堪能いただけるかと思います




感謝  中辻 正

ポチャポチャ!






先日、子供たちと映画を見に行きました。

「素敵な金縛り」です。

とっても面白く、子供達は大きな声をだして笑っていました。

子供の笑い声は、何よりも素敵です。

家族、親子、愛を感じます。



その後、子供たちの服を見に行きました。

まだ小学生の彼女たちですが、

そろそろオシャレには敏感になる頃です。



ところが小学5年生になる長女が「服はいらない」と言うんです。

「鉛筆やノートを買うから大丈夫」と。

「ノートも服も買ってあげるよ」と言ったのですが、頑なに拒むんです。




何故だろうと、嬉しそうにいろいろな服を

試着している次女を横目に考えていました。

すると長女が「どうせ着れないから」とボソッとつぶやいたんです。




「そうか・・・、よし着れるものいっぱい買おう」

と、無理やり試着室に引っ張って行き、店員さんにお願いして

寸法の合いそうな服を、山ほど持ってきてもらいました。

まるでジュリアロバーツ主演のプリティーウーマン状態です。




そう。彼女は少しポチャとしてるんです。

幼い頃から好きなものをいっぱい食べさせていた

僕がいけなかったのかもしれない。

いや、ポチャとしていて何が悪い

好きなものだけいっぱい食べて、

偏った食事で食べ物を残すよりよっぽどいいじゃないか。





しかし学校では、

すでに「デブ」らしきあだ名が付けられているようです。

彼女も当然、今回のように気にしているんです。




どの親でも思うはずです。

正直一番望む事は、みんなに好かれる子であって欲しい。

外見よりも中身を見る事の出来る人になって欲しい。

素晴らしい人たちとたくさん出会って欲しい。

そして幸せになって欲しい。 と。





しかし、現実はどうも違うようです。

ケーキやお菓子は食べるな!

ご飯は少なめに!

運動しなさい!などなど。。。





私は時々しか子供に会えません。

そんな時に子供に食べるなとは言えない。

いや、言いたくもない。

美味しいものをいっぱい食べている、嬉しそうな顔を見たいから。







先日、ある出版社から子供のダイエットに関する本を

書けないかという企画をいただきました。

私はどのようにするべきか分からないから断ったのですが。




成長期という一番大切な時期に、子供たちに変な抑制はかけたくない。

たとえ、その抑制でダイエットが成功しても、

身体や精神にとって正しくないかも知れないから。





いずれにせよ、そのような企画がくるということは、

親子でダイエットに悩んでいる人たちが多い事を示唆しています。




最近はメタボに関してもうるさく言われています。

特に女性はスリムになりたいと常に望んでいるでしょう。




何故だろう。



世界中とは言えないが、スリムが望まれている気がします。

服も生活のスタイルも、スリムな人が似合うように表現されています。



何が正しいのか私は分かりません。



と言いながら、私もダイエットに関する本を書いています。

ただ、スリムを目指すだけのダイエットには反対。



「体型」よりも、「心身ともに健康」であることが

大切なのだと思いながら書いているのですが・・・。

私の想いは伝わっているでしょうか





感謝 中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj