<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ストレッチ!2 やめるタイミング


前回、ストレッチについて書かせていただきました。
その中で何秒必要とか、必要な回数だけを書くのは変だと書きました。

しかし、実は私が書いた書籍の中にも同様に書かれているんですね。。。。
ダメですね。。。
ごめんなさい。反省します。
次回からは反応系を適切に書いた後に、
目安として回数や時間を書かせていただこうと思います。


前回に引き続き今回は、「筋肉がゆるむとはどういうことか?」について
ご説明しようと思っていましたが、ちょうどこれに関連するご質問を、
ブログの読者の方から頂きましたのでご紹介します。

「筋肉がゆるむまでストレッチを行うのは、大変時間がかかるのではないですか?」

確かに!
筋肉がゆるむという感じを得るまでには時間がかかると思います。

でも、効果がないストレッチを行っても仕方がないと思いますので、
着実に効果が実感できるやり方を、お伝えしますので、
がんばってみてください。

では、ストレッチの場合の筋肉がゆるむまでとは、どのような事かを、
できる限り分かりやすくご説明します。


ストレッチは筋肉の反射を利用しています。

筋肉はストレッチされると一時的に逆に縮もうとします。
これを「伸張反射」と言います。

これは伸ばそうとしているのに対して、逆の反応となります。
従って、短時間のストレッチでは、この反応が起こっている最中に
やめてしまう場合もあるため、返って、筋肉が縮んでしまうわけです。

ところがもう少し我慢してストレッチを行っていると、筋肉はゆるんできます。
これは伸ばされておこる筋の損傷を避けようと作用する反射によるものです。

このように筋肉の弛緩(ゆるむ)とは、ある地点で、折り返し点を過ぎてから始まります。
突然パッとゆるむものではないのです。
(特別な状況では瞬時に筋肉がゆるむ反射もあります)。
ですから感覚としては非常に繊細なものなのです。


ストレッチすると筋肉が引っ張られて痛いですよね?

そのままストレッチしていると、痛みに対して慣れるというか、我慢できるというか、
痛みが薄れていきますね?
そして徐々に筋肉が伸びていく、長くなっていくのが感じられると思います。
それで良いのです。

この感覚が始まったその時こそが、
筋肉が伸張反射により収縮しようとしているところから、逆にゆるみだした、
折り返し地点となるのです。
この状態を感じたところから2~3秒後にやめれば良いのです。

但し、もう一つ重要なことは、この反射の転換期(折り返し点)を迎えるためには、
筋肉をギリギリまでストレッチする必要が有るんです。

つまり、特定の筋肉を伸ばしたときに、これ以上伸ばすと筋肉が痛くてたまらない、
もうこれ以上は伸ばせない!と感じるところで、
筋肉の反応を待たなくてはならないんです。

まとめ
1.これ以上痛くて伸ばせない!というところまで、しっかり筋肉を伸ばす。
2.痛みが薄れてきた!あ、筋肉が少し伸びた感覚がある!
  そう思ったところから2~3秒キープする。
3.ストレッチを終了する。
この繰り返しです。


どうですか?
ご理解いただけましたでしょうか。

こう考えると、ストレッチも難しくて大変ですか?

これを読んで、難しいから止めよう・・・なんて考えないで下さい。
健康と美容のために、正しいストレッチを、頑張って続けて下さいね!


感謝   中辻 正

ストレッチ!


急に涼しくなりましたね。
ひょっとしたらこのまま冬に突入?!
なんてこともないと思いますが、今年の秋は短いそうです。


最近、いろいろ考える事があってブログが書けませんでした。
ごめんなさい。。。

考えることってなあに?

多くの方と同じです。

仕事の事、家庭の事、いろいろなことです。
特に仕事が大半なんですが。。。。

その中で、ふと、皆様は知っていらっしゃるかな?と気付いたことがありました。


健康と美容に関わる、知っているようで、実は知られていないことについて、
少しずつですが、皆様にご紹介していこうと思います。

本日はその第1段として「ストレッチ」について、です。

ストレッチはご存じですよね。
スポーツの前や後で行っているあれですよ。

皆様はどのように行っているでしょうか?

お聞きしたいのは、一つのポーズをした時に
どのような時点でやめられているのか?という事です。

ひょっとしたら8~10秒数えてやめられている方が多いのではないですか?

このように一つの目安として時間や回数がありますね。


しかし、本当は正しくないんです。
人に教える時、簡単で分かりやすいことが一番というようなことが
世の中では常識になっているようです。

たとえば、雑誌や書籍、テレビなどの紹介がそうです。
「どの方向にこするんですか?、何回こするんですか?、」
「分かりやすくする為に回数や方向は統一しましょう」などなど。。
なんか変でしょう?

だって人の顔は、それぞれみんな違うんです。
ましてや、お顔の状態も、個人で全く違うんです。
それなのに回数まで同じ???


本当は「なぜこするのか。」「なにを目的にしているのか。」
だから「こうなったらやめる。」だとか、もっとサイエンスであるべきなんです。

ところが、難しいと読まないとか、分かりにくいとダメだとか、
確かにそれはそうかもしれませんが、事実を曲げてはいけません。
一番大切な確信が見えなくなってしまいます。

私はそのようなことがないように丁寧に仕事を進めようと考えています。
たとえ、売れなくとも、誰に相手にされなくとも、です。

さて、ちょっと話が脱線してしまいましたが・・・。


私たちは、ストレッチでなにをしているんでしょうか?

筋肉を伸ばしている。
伸ばすことで筋肉を緩める、柔軟にする事が目的ですね。

ここで一つ重要なことを知って下さい。
筋肉は伸ばされると伸張反射が起こり、逆に縮むんです。
ご存じでしたか?

勿論、ストレッチを行う強さや時間によっては、反射が逆転してゆるんでくるのですが、
その強さは、人によって異なるということなんです。

つまり、10秒と決めてストレッチを行うならば、
逆に身体が緊張してしまった状態のままになる、ということも有りうる、
ということです。

ですから本来は、この反射の事を明確に分かりやすく説明し、
ストレッチの効果と目的、そして目指している反応を
知ってもらうようにすべきなんです。
専門のトレーナーや、筋肉を対象にしている治療家の方ならご存知だと思います。
いや、ご存知ないかも・・・?


という訳で、まず、ストレッチの目的は、
筋肉を緩め、柔軟性を回復し、循環を改善することです。

ところが、ストレッチを始めてすぐには、
筋肉は反射を起こして一時的に緊張します。

その後、時間経過とともに反射は逆転して筋肉はゆるんでいきます。

つまり・・・
「10秒伸ばしなさい」ではなく、
「ゆるんだのを感じてからやめなさい」「ゆるむまでやめてはいけません」
が、正しいのです。

いかがですか?

一言で、ストレッチと言っても、その神髄は深いのです。。。


日頃行っているストレッチですが、
正しい行い方を意識したなら、その効果は格段に違ってきます。

この続きは次回へ。

「反射の逆転」についても、次の機会に詳しくご説明しようと思います。
楽しみにしていてくださいね。


感謝 中辻 正

岐阜でインドカレー



本日は久しぶりに、岐阜でのんびりとしています。

昨晩は、従業員とコミュニケーションをとるためにお食事に行きました。

「岐阜でインドカレー」です。


東京のおしゃれなレストランとは程遠い存在。
入り口も喫茶店のようです。
店内の雰囲気も、完全に喫茶店です(笑)

看板もセンスが良いとは言えません。
名前は「アサ」。
なんか、変でしょ?

料理の見た目も、すこし岐阜っぽいんです(?)
中の店員さんもインド人かと思いきやネパール人。
それなのにインド料理なんです。
(おそらくネパール料理だと思います。辛さもインド料理と比べるとややマイルド。)

しかし、これがお味はなかなかいけるんです。
ちょっと見てみますか。

一品目はサラダ。
まずはビタミンとミネラルの補給です
d0339893_12055489.jpg



二品目はインドの(ネパールの?)餃子。
香辛料をつけていただきます。
この香辛料を持ってくる時に、店員さんは「つけもの」と言っておいて行くんです。
漬物?いや、付けるもののようですが・・・(笑)
d0339893_12055440.jpg



三品目は定番のタンドリーチキンです。
d0339893_12055464.jpg



四品目は野菜のフライ。これも「つけもの」を付けていただきます。
d0339893_12055480.jpg



そして、カレーです。
さらに「ナン」。
d0339893_12055414.jpg



じつは、皆さんが岐阜にいらしたときには、
この「ナン」を、是非食べていただきたいんです。
(どこにあるの?って? すみません。説明がしにくい場所にあるので・・・
どうしても行かれたい方は、私のHPからメール下さい。電話番号をお教えします♪)


この「ナン」、実は、野菜ナンとチーズナン。

基本的にはどこにでもあるのですが、めちゃくちゃいけます。
結構、皆さん、お持ちかえりで買っていくほどです。

冷めても、家で「チン」するとお店の味、そのまま!
それに、どんなおかずにも合ってしまいます。
(すこし、カロリーが気になりますが。。。)

ということで、いつもと変わらず
額から汗をかきながらのコミュニケーションでした。


今日は、トイレがつらいかも・・・?


では、また。

感謝       中辻 正

『悪人』



昨日は2週間ぶりの休みで、のんびりと映画を見てきました。

映画は一人で見るのが一番です。

映画の中に私自身が入り込むのに、友人であろうと恋人であろうと、
他人に気を使っていてはダメです。

「悪人」のように、考えせさられる映画の場合は特にです。

映画はどこにでも有るような男女の関わりから殺人を起こしてしまった殺人者と、
殺人者と恋に落ちてしまった女性のお話です。

現代の若者と言うべきか、今も昔もあっただろう寂しさから来る行動が
「悪人」を作り上げていく・・・という設定に思えました。



寂しさは今も昔もあっただろうと思います。

しかし、昔と今では、その寂しさを紛らわす環境が異なっています。

「今の若者はなっていない。。。」と時々耳にします。
確かに大きく湾曲してしまった出会いもあります。

しかし、その湾曲を作っている現実は、
「今の若者は。。」と言っている彼らによって
作りあげられたものが多いような気がするのです・・・。



さて、話は賞を取った深津絵里さんの演技について。

正直、素晴らしいと感じました。

映画を見終わった後、側を歩いているカップルの
「あれが賞を取れる演技かな?たいしたことないよね。」
という声が聞こえてきました。

私も3回ほどテレビにも出させていただきましたが、
演技など出来るものではありません(笑)

しかも映像には流れがあり、当然撮影は一コマ一コマ撮影されていくのでしょうが、
頭の中で映像の環境を維持しながら、気持ちもその時に巻き戻し、
まるで現実がそのまま流れているかのごとく、心情を表現する・・・。

感激しました。当然賞に値するものでしょう。


しかしもう一度見たいかと言うと、1回で良いかな(笑)

正直、何度も見る映画ではない気がしました。
1回の映画で心情を感じ取るべき映画だと思いました。

私の感性ですから、私の意見として受け止めて下さいね。
ただし1回は見るべき映画だと思いますね。



本当に良い一日を過ごすことができました。
明日からはまた仕事です。

皆さん頑張りましょう!


感謝 中辻 正

貫くこと



私のサロンに通ってきてくださっている、ある素敵な女性から
ブログの内容についてご意見をいただきました。

顔の施術について書いたブログです。
皆様は読まれましたでしょうか?
→http://renewing-nakatsuji.kireiblog.excite.co.jp/201008/article_8.html

そう、「顔のみの施術はお受けしない」と書いた部分です。


その方が仰るには、
「こんな事書いたらお客さん来ないと思う。
お顔だけを希望している人も多いんじゃないかな?
それに顔層筋の本だって、顔の施術がメインでしょ?」
との事。

「確かに!」

一瞬、私もそう思いました。

しかし、彼女には御礼を言いつつ、
気にかけていただいていることに、ほんとに感謝しながらも、

「書いた文章を消すつもりはない。
それに現実だから仕方がないんだよ。だから身体の本を出版したんだ。」

と決意を新たにしている自分がいました。




美容や健康の分野は大変ニーズが広く、誰もが、若く美しくなる事を望んでいます。

特に、高齢化社会を迎え、益々健康で美しく元気で働いていたい。
そして最後は人の世話になる事なく(苦痛なく)、逝きたい・・・
なんていう話を、よく耳にします。
正直、私もこれを望んでいます。


また、この美容・健康の世界には、真面目でとっても素晴らしい施術を
行っている方が大勢いらっしゃいます。

けれども、本の出版やセミナー活動を行えて
このような大きなサイトでブログを書くような機会に巡り会えるのは、
非常に幸運な事であり、ほんの一握りに違いありません。
本当にありがたい事です。

ならば、せめて、皆様の想いを代弁し、
そして真実をお伝えすることが使命ではないだろうか、
そう考えています。

もちろん私もオーナーではあるので、金銭的なことも考えなくてはいけませんが、
お金儲けが目的であってはいけない。
真実を、真実として、皆様にお伝えする事を目的に、
仕事をしたり、活動しなくては!と考えています。



いや~かっこよすぎましたか。。。

すみません。


感謝 中辻 正

暑いと欲する「四川料理」



先日、お仕事関係でお世話になっている方とお食事に行ってきました。
六本木にある、出来たてホヤホヤのお店「炎黄」です。

店内はゆったりとしたスペースに高級感漂う、インテリアの数々。
アントニオ猪木さんや、デヴィ・スカルノ夫人、つんく♂さん等の
贈花が飾られていました。


さて。一品目はうずらのピータン。
ピータンの臭みも癖も全くなく、予想以上に「美味」でした。
(全く辛くないが、上に添えられていた薬味が少し舌の上でピリピリ・・・)

チンタオビールを啜りながら、
「どえりゃ~うめ~ぇ」← 名古屋弁(笑)。


二品目は牛肉のスジ煮込み。
相当煮こまれているであろう柔らかな牛のスジ肉に
あんかけはひき肉とラー油のピリ辛ソースが絡まって、なんとも美味!
白いご飯が食べたかったけれど、ここは我慢。
(やや、微辛。)


三品目は名前を忘れましたが、鶏肉の唐辛子炒め。
四川料理では麻婆豆腐と並ぶ代表料理とか。
正直、美味いが、とっても辛い。強烈なお味です。。。
女性と来るのはちょっと難しいかも・・・という感じです。
なぜなら、全身から汗が噴き出て、メガネは曇るし、顔じゅう汗でダラダラ~ですから!
(激辛でした)


四品目はトマトと卵の炒め物。
これも絶品。「美味しい」という表現を超越した料理でした。
卵にチーズか、マヨネーズを入れて調理しているのかな?と思うほど
(店員さんに確認したところ、実際は卵のみだったのですが)、
卵はふわふわで新鮮なトマトとコラボした、上品な一品でした。(辛み無し)
三品目の激辛のお口直しには最適でした。

d0339893_12055518.jpg

          ↑やさしく上品なお味が美味


五品目は四川料理の代表、麻婆豆腐。
こちらは辛いものがお好きな方でも、驚かれるほど辛い!
ご飯と一緒にいただいたのですが、辛すぎて普通に噛めない。
舌の上で料理の味見ができない。豆腐を歯で咬むという感じです。
(想像して下さい。超激辛!です)

d0339893_12055539.jpg

          ↑ぐぅあ~激辛~!の麻婆豆腐


思わず水に手がのびるのですが、純粋な水に味がついているのか!
と錯覚するほどでした。
いやはや、ご飯が進む、進む・・・。

そして最後に、四川の辛みを打ち消してくれる、甘いフルーツの登場でした。
ほっ。


私は辛いものが大好きで、夏でも、むさくるしいと思われようが、
汗を噴き出しながら辛い料理をいただきます(笑)

それも夏になると頻繁に。

それは何故でしょう?

ただ無性に食べたくなるのですが、その真の理由は正直知らないのです・・・。
タイ料理、インド料理をはじめ、暑い地方は辛い料理が多いのですが、
ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

ただ、ひとつ分かることは、夏になり、頭がボーとして、夏バテを感じてくると
辛い物を身体が欲してくる、ということです。
そしてそれをいただくと、シャキッとする感じがするんです。

どうもこのあたりに理由があるのではないかと、感じています。
 

最後に、注意事項を記載します。

『四川料理をいただく時は、辛くないものから徐々に辛いものへと順番に注文すること』

私は辛さがばらばらの料理を適当に注文してしまいました。
辛い料理の合間の辛くない料理は、お口直しにはなりますが、
口の中が麻痺して繊細な味が分からなくなってしまったからです・・・。

反省・・・。


感謝    中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj