<   2010年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お顔を美しくするには



時々、お顔の施術のみを希望してお客様がお見えになります。

しかし、残念ですがお断りしています。

なぜか、って?

私はお顔のみの施術でお顔を綺麗にする自信がないからです。


お顔の筋肉は首や肩の筋肉に繋がることで、お身体にのっかっています。
つまりお顔の筋肉は上半身の筋肉に繋がっているんです。

また、お顔の筋肉は、一瞬考えると不思議に思えるかもしれませんが、
腕の筋肉と強い繋がりを持っています。

片腕を過剰に使う人のお顔は必ずその側に引っ張られ、
多少なり、歪みを起こしてしまいます。
これは目の大きさや口角の位置によってわかるでしょう。

そして、多くの女性は顎関節症気味の人が多いようです。

これは顎関節の強度が男性と比べて弱い事や、小顔傾向にあり、
顎関節の受ける側の関節面がうすくなっている事が理由のようです。

関節の構造上の問題は解決できませんが、関節面の動きを滑らかにするためには、
頸部の骨を整列させなくてはなりません。
つまり肩こりを除去して頸部周辺の筋肉を緩めてあげないと改善しないのです。

試しに、口が開きにくい人は、首の筋肉をもんでみて下さい。
特に首と頭の境目を多くマッサージしてみて下さい。
必ず、口が開きやすくなりますよ。

そして、肩こりを改善するには、
腰の筋肉から下肢の筋肉を緩めてあげないといけません。

つまり、お顔の改善には全身の筋肉の改善が必要なんです。


想像してみて下さい。
肩こりや腰の痛みを我慢して、膝はO脚になり、外反母趾で、
お顔のみを施術して、輝くようなお顔になるでしょうか・・・?


お顔以外は靴やお洋服で隠れますから、人から見ることはできませんが、
全体的な振る舞いや動作、醸し出す美しさによって、
その人のキレイの度合いは判断されるのではないでしょうか?

もちろんお顔を施術すれば、とっても綺麗になりますよ!
しかし、残念ですが一時的です。
施術後は綺麗でも、すぐ元に戻ってしまうでしょう。

ですからお顔のみの施術をお断りしているんです。


これが現実。

「一時の美しさより、真の美しさ」 を・・・。


感謝     中辻 正

BLUE MAN GROUP IN TOKYO


兼ねてより興味のあった、ブルーマン・ショーを観に行きました。

「ブルーマン・グループ」とは、顔を真っ青に塗った三人組で、
音楽や演劇など様々なパフォーマンスを展開するグループです。
http://blueman.jp/dir/about/index.html

劇場は六本木ヒルズ周辺にあり、開演は19時 ジャスト。
パフォーマンスの中で水生ペンキ等かかる恐れがあるため、
おばけ型をした(?)ビニール袋を被り、全身を防備したのですが、
暑くて、暑くて・・・。


さて本題。

ブルーマンはパフォーマンスアーティストというよりも、
「全身がアートそのもの」という感じです。

現代社会の孤独な心。
喜び・悲しみ・怒り、あらゆる感情を心で叫んでいるようでした。

「情報化社会に流され、自分自身を見失っていないか?」

言葉を使わないパフォーマンスで、私たちにそう叫んでいるようでした。


「今を生きていること」を愉しもうとすればいい。
まず、『生きる事が大切である』・・・そう訴えているようにも感じました。


アクロバティックでもあり、繊細なブルーマン・ショーに満たされた感動の時間でした。

また、劇場に遅刻してきた人たちに嫌な思いにさせることなく、
ユーモアな演出で迎える場面もありました。
些細な演出にも気を配る感性が有るからこそ、全体のショーが満たされ、
美しく感じるのではないでしょうか。



これはお身体の美しさも同じ事が言えるのではないかな、と思いました。

些細なことまで気を使い、お身体全部を美しく見せなさいと言っているのでは
ありません。

まずは自分の一番のチャームポイントを引き出すための演出を考えれば
良いのではないでしょうか。


そう、例えば買ったばかりの靴をはきたい時、どのパンツが合うだろうか?
このパンツの上にはどのような服を合せるのが良いか?
そして髪型、化粧は? と、考えていって、気に入った靴を引き立たせる。

あるいは、統一感のあるスタイルの中で、そこからかけ離れない程度の崩したスタイルを
一か所にだけ織り交ぜる、とか。
スーツに可愛いバッチ、なんていうのも合いそうです。


もちろん美しさも人の感性によって異なるものです。
問題は自分自身を知って、自分のどの部分を引き立たせるように美しく見せるか、
振る舞うか、生活するかが大切なようです。


「細部なところまで自分を知ることが大切なんです」

これは、シンプルなのに綺麗だなと、いつも思わせてくれるお客様から
教わったことです。


ブルーマンショーを観て、ふと、その言葉を思い出したので書いてみました。

皆さんもご興味をお持ちになりましたら、一度劇場に足を運んでみてくださいね。

d0339893_12055590.jpg


感謝 中辻 正

夏の美肌メニュー『ベトナム料理』


久しぶりにベトナム料理をいただきました。
場所はテレビでも時々ご紹介されている、
六本木の「CICLO(シクロ)」というお店です。

シクロとはベトナム語で自転車という意味らしいです。

私はベトナムには行った事がありませんが、
道路に自転車がひしめき合っている街のイメージを、なんとなく想像したりしながら
アジアンテイストに施された店内の雰囲気を、満喫させていただきました。


写真は料理の一部ですが・・・

1つ目はソフトシェルのから揚げ。
d0339893_12055515.jpg

蟹の姿をそのままに揚げてあるのですが、
本当に柔らかい蟹に香草の味と甘酢ソースが絡まって・・・
「絶妙な味」という表現しかできません。

普段アルコールを飲まない私が、
「バーバーバー」というベトナムのビールをたしなみ、
舌包みを打っていたわけですから
ご想像いただけるでしょう(笑)


2つ目は「バンセオ」というベトナムのお好み焼。
d0339893_12055571.jpg

写真では分りにくいかと思いますが、実は中身はほとんどがお野菜!
味付けも非常に素材自体を大切にしたものになっているので、
お好みで「ニュクマム」という魚醤をたらしていただきます。

見た目とは違った、お野菜のボリュームが半端ではない、ヘルシーメニュー!
自宅で再現してみるのも良いかもしれないですね。


3つ目は三種の盛り合わせ、デザート。
マンゴープリン、ココナッツアイス、バナナケーキです。
d0339893_12055500.jpg

バナナケーキの感触が面白い! 
ただ、少しだけ冷やした方が美味しいのかな~なんて、
自分で生意気にも評価しながら、
「でもウマーい!!」
と、オーダーしたお料理を、全部ぺろりとたいらげてしまいました(笑)


全体的に、女性が好む味ですね。
やはりフランスが統治していた関係上、アジアとフレンチが上品に組み合わさって
造り上げられた料理だと思いました。

正直、私の味覚には刺激が足りなかったのですが、
女性とお食事するにはモッテコイの料理と言えますね。

何々?
誰と食事したかって?
デザート見ても一人じゃないだろう?って?


某事務所のタレントさんお二人とご一緒でした。
私一人が男性。
誰って?
内緒です(*^^)v


お野菜や魚介類がふんだんにお料理の中に含まれているベトナム料理、
美容にはお勧めしますね~。

やはり夏は、先日お話ししたように、ミネラルとビタミンが不可欠ですから。


美味しく夏を乗り越えましょう!


感謝    中辻 正

胸を大きく!


最近、「胸を大きくする方法はないでしょうか」とよく聞かれます。

胸を大きくしたいのは何故でしょうか?

当然、男性の目を意識するからでしょうね。

確かに、男性の胸の膨らみに対する意識調査では、Cカップ程度が人気のようですね。

しかし!

小さい胸が好きな男性も多いのですよ。
というか、むしろ、好きになった女性の胸の大きさが好きになるようです

確かに胸には目が行くかもしれませんが、
胸の大きさで女性を好きになっているんじゃないと思うんです。

胸よりももっと大切な魅力に惹かれているんだと思いますよ。


もし仮に、胸の大きさで左右される男性に出会ったら、
そんなやつは、こちらから願い下げでいいんじゃないかな、と思います


と言っても大きくしたいというお気持ちは理解できるので・・・
胸を大きくする方法について、私の意見を述べてみます。


1、まずやはり食事!
栄養のバランスが取れた食事。やはりこれが大切ですね。
巷では女性ホルモンに似た働きを持っている大豆イソフラボンがよいと、
何処かのサイトで見かけました。この季節なら冷や奴、豆乳ですかね。

プエラリア、ワイルドヤム、などいろいろ言われていますが・・・
生のキャベツに含まれる成分がエストロゲンの分泌を高めるというのも、
聞いたことがあります。
ただ、それだけで、胸が大きくなったという話を直接聞いたことはないです。
だからあくまで、バランスよく、しっかり食べることが大事なのではないでしょうか?


2、次に大胸筋エクササイズ!
運動方法も重たい道具を使ったエクササイズではなく、エキセントリックな運動。
つまり胸の前で手のひらを押し合うようにして大胸筋を鍛える運動ですね。
何故ならあまり無理な運動を行うと、かえって胸の形を壊してしまうことも有るようです。

さて、運動をする前に注意していただきたいのが、まず大胸筋を触って見て下さい。
もし筋肉が固くなっていて、触ると痛いようなら、運動はダメです。
この場合の無理な運動は、大胸筋をかえって固くし循環を悪くしてしまうからです。
まずは筋肉を優しく揉みほぐして下さいね。

ただこの場合も注意が必要なんです。

実は胸の中は乳腺と脂肪が入り組んでいて、その組織を結合識で止めている。
つまり整形しているわけです。
その結合識まで揉みほぐしてしまうと、かえって胸が垂れる原因にもなりかねません。

また、私は見た事がありませんが、クーパー靭帯と呼ばれる物があるようで、
これが伸びてしまうと胸が垂れるようです。
いずれにせよ、あまり強く揉まない事ですね。


3、マッサージ
これに関して私見はありません。
色々な手法が有るみたいですが、注意していただきたいのは、2でお話したことです。


4、ブラジャー、補正下着
これらの効果の真意は解りませんが、私はサポートとしては効果有りと思っています。
運動家に対するスポーツブラとか、日常につける補正下着などは
効果が有るのではと考えています(金額の高いものを買う必要は無いですよ~)。

要するに、今有る胸の形を維持するのには結構効果有りという事です。
眠っている間に、脇にお肉が流れないようにするブラジャーが流行っている、
そう聞いたこともあります。
ただ、その効果を過信しすぎてはいけない、とだけ書いておきます。


5、姿勢
意外と大切なのが姿勢です。
若いから綺麗な胸をしているからと過信して猫背で本を読むとか、地ベタに座り込む。
机を抱き込んで眠てしまう。前屈みで仕事をし続ける。など、
胸の形に負担をかけるような姿勢が多いとあまりよくないですよね。
やはり胸を張って姿勢を正していることが大切です。


一般的な意見になってしまいましたか・・・

ですが、生物の基本の本質は
循環と栄養のバランス、そして運動なのです。

ではまた。


感謝  中辻 正

ミネラルとビタミンと心の健康



最近、ちょっとしたことで顔が熱ったり、急に気分が落ち込んだり、
更年期障害や鬱の状態で悩まれている方、いらっしゃいませんか?

今回は誰もが陥る可能性のある、
自閉的傾向や鬱病のことについてお話させていただきます。


昨今、ミネラルやビタミン不足が
自閉的傾向や鬱病の原因の一つであることが実証されてきました。

自己制御のコントロール(例えば、幸せだな感情、楽しい感情、等)全般に
ドーパミンという前駆体物質が深く関わっている事はご存知でしょうか。

自閉的傾向や鬱病患者は、マグネシウム・ビタミンB6値が低い事が分かっています。

マグネシウム・ビタミンB6は、脳内でドーパミンが枯渇するのを防ぐ働きをしています。
つまり、自閉的傾向や鬱病患者の脳内で、
ドーパミンという伝達物質の枯渇が起こっているわけなのです。


マグネシウムはミネラルで、ビタミンB6はビタミン群に含まれている栄養素ですから、
食品で補えなければ、サプリメントや点滴で補うという手段も無きにしもあらずです。

しかし、人間が生きていく過程で、重要な源「アミノ酸」から
ドーパミンを生成するためには、外側からの補給に頼らずに、
普段の食事からミネラルやビタミンを取ることがベストなんです。

普段から、ミネラルをたくさん含んだワカメや昆布、ひじき等、
ビタミンB6をたくさん含んだ魚類や肉類、落花生や赤ピーマン等の食品を
積極的に摂り入れることは、さほど難しいことでもないと思います。

最近の若い子の食生活を考察すると、毎日インスタント食品であったり、
ジャンクフードやお菓子を夕食としている事も多いようです。

これは絶対にいけません。

最近、植物系の男性が増えていると聞きますが、
これにも食事の嗜好が深く関わっているのでは・・・と考えてしまいます。


もし、小さなお子さんをお持ちのお母さんが、このブログを読んでいただいているなら、
出来る限り、食事には注意してあげて下さい。

高価なものが必要ではないんです。

昔から食べていた、自然なもので良いのです。
(自然な食品を手に入れることも難しくなりましたが。。。)

お母さんの愛情を込めて、お子さんのお食事を作ってあげて下さい。

ドーパミンが、学習能力や記憶力にも大きく影響を及ぼす事も分かっています。
お母さんの手作りの食事が、お子さんの将来を左右することにも。。。



またまた、こ難しいことを書いてしまいました。

ミネラルやビタミンは、私が死ぬまで研究し続ける
「筋肉の働きを調節する」、「アンチエイジング」にも密接に関わってきます。

身体の中は、私たちが想像する以上に複雑で、不思議なところが多く、
未知なものが有り過ぎます。

たった一つか二つの化学物質が不足するだけで、
人生の明暗を分ける、重篤な病気にもかかってしまうことがあるのです。


まずは、健康だったときの『活力』を取り戻すために、
ミネラルとビタミンを積極的に摂取することをお勧めします。

人間の限界は、あきらめた時に有る。


がんばりさせすればいくらでも、また取り戻せるのです。


感謝   中辻 正

大切な何か。


こんばんは

暑い日が続きますね
天気予報だと10月初旬まで続くような事を言っていました。
本当なら、参ってしまいますね。

私は秋が一番好きです

全ての食材が美味しくなり、心地よい気温で身も引き締まります。

服装も重ね着ができて、オシャレも楽しめます。
そして何よりも活動的になれる季節です。
早く秋がこないかなあ。。。


さて、このブログですが、
私は東京と岐阜を行ったり来たりしているので、
ブログ文章は新幹線の中で書くことが多いのです。

アイパッドで書いているのですが、非常に快適

もちろんパソコンのようにはいきませんが、
殆んどの仕事はアイパットで済ます事ができます。

私は新しい物好きで、流行に遅れることが嫌いで。
必死になってついて行こうとしているんですが
便利さに流されて、便利さ故に、そのシステムに振り回されてしまい、
何か大切な物を見失ってしまっているような気がしています・・・。


携帯電話を見ながら前を見ずに歩く。

新幹線の中でデッキにも行かず平気で電話する。

実はこの様な具体的な事ではなく・・・

もっと何か大切な物。


そう、例えば人の思いを探ろうとする感性。

新しい何かを考える力であり、創意工夫する力。

そして何よりも、危機感に対する備えと心構え。



便利故に、失っていく能力。

考えなくても良い環境。


もし、子供たちが、このような力や、能力の存在すら忘れて大人になってしまったら、
その子たちは、大きな力に流されるがままに、支配されることになるでしょう。

今、私たちの世代で、しっかりと残していかなくてはいけないと感じます。

たとえどんなに便利な世の中になっても、

私たち自身が、こういう感性や力を忘れない様に、心掛けていかなくては



美しくなるのも同じです。


新しい事が正しいとは言えません。

高価な物だから効果的だとは限りません。

人に任せて、それでおしまいではないですよね?



もっと身近に、真実が有るのではないでしょうか。


私はそれが何なのか、わかっているわけでは有りません。

だから抽象的な文になってしまうのですが・・・


ただ・・・それを一途に求めながら、これからも勉強し続けたいと考えています。



今日は小難しいお話になってしまいました・・・

皆さんも一緒に考えてみて下さいね


感謝   中辻 正

美容と健康のために


緑が眩しい季節、『夏』ですね~。

さて。

夏はとにかく汗をかく。

普段、代謝が悪くて汗なんて…という方でも、
連日のこの暑さだと、知らぬ間に背中や脇回りがじっとり…
なんて経験もおありだと思います。

ご存知だと思いますが、かいた汗以上に水分補給をしっかりしないと、
熱中症や膀胱炎、その他様々な病気を併発することになります。

排尿に至らないことには、膀胱で細菌が溜まりやすくなることになりますから、
汗をかいた以上に水分補給をしてくださいね。


私は個人的に、夏の暑い日に冷たい玄米茶をぐびぐび飲むのが好きです。

あまりお茶の中では高級なランクに位置付けされていませんが(笑)、
香ばしく、スッキリした後味が、この時期特有の食欲不振を解消してくれます。

イライラ、リラックス効果、要するに、『精神的症状の解消』があるそうです。

…そういえば、温かい玄米茶を食後にすするとホッとするのも、
私の経験談としてありますね~(*´Д`)

夏の夜長にアルコールも魅力的ですが、
美容のために!玄米茶。
(とにかく「お茶」自体が美容に良いんですがね…笑)

如何ですか?玄米茶。


感謝 中辻 正

久しぶりの休み



今日は久しぶりのお休みをいただきました。

少し立て込んでいましたので、やっと一息・・・という感じです。



午前中は前から気になっていた映画「クレイジー・ハート」を見てきました。

d0339893_12055609.jpg



主題歌賞と主演男優賞の二部門のアカデミー賞に輝いた作品です。



見終わった後に、確かに心に響くものがありました。

特にロバート・デュヴァルの演じる、

落ちぶれたカントリー歌手の演技は圧巻そのものでした。



好きな事をやり続ける事、体裁にこだわらず夢を追い求める事、の大切さを

感じることができた作品です。

是非、お時間のある人は見てきて下さいね。





そして、夕方からは岐阜で行われた中日花火大会。

d0339893_12055623.jpg


岐阜の花火は地方ではどのように思われているのは知りませんが、かなり盛大です。

来週も行われ、合わせて二度の花火大会になります。



遠方からお越しの方には、宿泊も少し割高になりますが、

機会があればぜひご覧くださいね。



昨日、東京では隅田川花火大会だったようですね。

知り合いの方が画像を送ってくださったので、そちらもどうぞ!

d0339893_12055694.jpg


こちらもすごい人だそうで・・・。

夏ですね~。



あっという間の一日でしたが、久しぶりの休日を堪能いたしました。



明日からは仕事開始。

夢に向かって焦らず、着実に、基本を忘れることなく進んでいきたいと思います。


ではまた。   

感謝  中辻 正

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj