胸を大きく!


最近、「胸を大きくする方法はないでしょうか」とよく聞かれます。

胸を大きくしたいのは何故でしょうか?

当然、男性の目を意識するからでしょうね。

確かに、男性の胸の膨らみに対する意識調査では、Cカップ程度が人気のようですね。

しかし!

小さい胸が好きな男性も多いのですよ。
というか、むしろ、好きになった女性の胸の大きさが好きになるようです

確かに胸には目が行くかもしれませんが、
胸の大きさで女性を好きになっているんじゃないと思うんです。

胸よりももっと大切な魅力に惹かれているんだと思いますよ。


もし仮に、胸の大きさで左右される男性に出会ったら、
そんなやつは、こちらから願い下げでいいんじゃないかな、と思います


と言っても大きくしたいというお気持ちは理解できるので・・・
胸を大きくする方法について、私の意見を述べてみます。


1、まずやはり食事!
栄養のバランスが取れた食事。やはりこれが大切ですね。
巷では女性ホルモンに似た働きを持っている大豆イソフラボンがよいと、
何処かのサイトで見かけました。この季節なら冷や奴、豆乳ですかね。

プエラリア、ワイルドヤム、などいろいろ言われていますが・・・
生のキャベツに含まれる成分がエストロゲンの分泌を高めるというのも、
聞いたことがあります。
ただ、それだけで、胸が大きくなったという話を直接聞いたことはないです。
だからあくまで、バランスよく、しっかり食べることが大事なのではないでしょうか?


2、次に大胸筋エクササイズ!
運動方法も重たい道具を使ったエクササイズではなく、エキセントリックな運動。
つまり胸の前で手のひらを押し合うようにして大胸筋を鍛える運動ですね。
何故ならあまり無理な運動を行うと、かえって胸の形を壊してしまうことも有るようです。

さて、運動をする前に注意していただきたいのが、まず大胸筋を触って見て下さい。
もし筋肉が固くなっていて、触ると痛いようなら、運動はダメです。
この場合の無理な運動は、大胸筋をかえって固くし循環を悪くしてしまうからです。
まずは筋肉を優しく揉みほぐして下さいね。

ただこの場合も注意が必要なんです。

実は胸の中は乳腺と脂肪が入り組んでいて、その組織を結合識で止めている。
つまり整形しているわけです。
その結合識まで揉みほぐしてしまうと、かえって胸が垂れる原因にもなりかねません。

また、私は見た事がありませんが、クーパー靭帯と呼ばれる物があるようで、
これが伸びてしまうと胸が垂れるようです。
いずれにせよ、あまり強く揉まない事ですね。


3、マッサージ
これに関して私見はありません。
色々な手法が有るみたいですが、注意していただきたいのは、2でお話したことです。


4、ブラジャー、補正下着
これらの効果の真意は解りませんが、私はサポートとしては効果有りと思っています。
運動家に対するスポーツブラとか、日常につける補正下着などは
効果が有るのではと考えています(金額の高いものを買う必要は無いですよ~)。

要するに、今有る胸の形を維持するのには結構効果有りという事です。
眠っている間に、脇にお肉が流れないようにするブラジャーが流行っている、
そう聞いたこともあります。
ただ、その効果を過信しすぎてはいけない、とだけ書いておきます。


5、姿勢
意外と大切なのが姿勢です。
若いから綺麗な胸をしているからと過信して猫背で本を読むとか、地ベタに座り込む。
机を抱き込んで眠てしまう。前屈みで仕事をし続ける。など、
胸の形に負担をかけるような姿勢が多いとあまりよくないですよね。
やはり胸を張って姿勢を正していることが大切です。


一般的な意見になってしまいましたか・・・

ですが、生物の基本の本質は
循環と栄養のバランス、そして運動なのです。

ではまた。


感謝  中辻 正
<< 夏の美肌メニュー『ベトナム料理』 ミネラルとビタミンと心の健康 >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj