渋谷にもいたタイガーマスク



唐突ですが、僕は田舎者です(笑)

都会に慣れていないためか、

渋谷とか新宿の雰囲気にどうも馴染めません。

多くの人が往来し、人は自分の事だけを考えて行き来しているような。。。

人の肩にぶつかっても謝りもしない。

人が転んでもただ眺めている。


そんな冷たいイメージが有ります。

いや有りました。


先日ボクシングジムに行く途中での出来事でした。

田舎から出てきたのか、80歳ぐらいのおばあちゃんが

たどたどしい足取りで階段を降りようとしていました。

「あ、危ないかも・・・」

そう思った次の瞬間、

一人の若い女の子がおばあちゃんに声をかけて、

手を引き出したのです。



きっと誰もが思っている事でしょう。

「手を引いてあげたほうがいいのかな」と。

でも実際に行動するのは、誰にでもできることではありません。



どこにでも居そうな女の子でした。

けれど、とっても綺麗に見えたのは私だけでしょうか。


年始から、一気に広まったタイガーマスクですが、

この連鎖は、何か自分もいいことがしたい

そう思っている人が多いことを物語っています。


お正月の福袋の中の不要な服を集めて、施設に届け続けている

若い女の子がいることも、タイガーマスクの報道から知りました。


意外に彼女たちのように若い女の子も、

普段から、さりげなく、いいことを、あたりまえに、

しているのかもしれませんね。


いいですね。


2月の8日に、丸の内のほうでセミナーをやるのですが、

そのお客様は若い世代の方々だとお聞きしています。

お会いするのが楽しみです。



感謝 中辻 正
<< 老化抑制とボクシング 老化とたたかうセミナー >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj