続・ほんの少しの差



先日、各分野の一流のプロと、そうではない方々との
差について書かせて頂きました。

また、美しくなるための
ほんの少しの差についても、お話しました。

その中で、
「差は少しであることに気づく事ができるかどうかが大切である」
と書かせて頂きました。


ところで。


私のサロンでの施術料金は約90分で3万円~5万円になります。

高いでしょうか?



「高い!」(笑)



今回は言い訳をしましょう。

まず、サロンの料金は、23年前から変わりません。

つまり30歳の頃に筋治療と看板を掲げて依頼、
値上げをしていないのです。

では、何故その頃からそんなに高い料金だったのか?

理由は2つあります。


一つは、当時行っていた保険治療で
私が治療して頂いていた1日分の治療費総額を
単純に1日に施術可能な人数から導き出した算出法。

詳しく言うとですね、
当時の1時間あたりの私の仕事はいくらかを割り出して、
一人の患者様にどのくらい所要時間が掛かるのかで
公平に割り出したものだったのです。


二つ目は、私自身の技術向上のための意図的な手段でした。

お一人で高額なお金を支払って頂く訳ですから、
治療後の結果には当然シビアになります。

患者様が納得してお金を支払われ、次のご予約を頂く。
この治療後の些細な一連の流れは治療後の結果で決まるのです。
結果のある手技をしないと、
患者様は絶対に満足もされないし、次はありません。

その為には自分自身の技術向上以外なく、
当然、よりよい結果を導き出そうと
私自身が努力を継続しますよね。



皆さんはいかがですか?

もしお食事をされた時、さほど美味しくなかった時に、
金額が安ければ
「うーん。こんなものか。。」と納得される事がありませんか?

ところがべらぼうに高ければ納得いかないでしょう?

おそらくお食事を出す方も、
頂く金額に見合うものしか出せないわけで、そこには
「仕方がないな・・・」
というお互いの妥協があるのではないでしょうか。


金額が高ければ高いほど、
その内容に納得できる何かが求められるわけです。

もちろん、高ければ何でもよくて、
安ければすべて悪いと言っているわけでは決してありません。

安くても、とっても良いものを提供されているものは各分野で存在します。

当然、多くのファンを魅了しているに違いありません。

ところが、どの業界でも高ければ良いと思われるんじゃないか?
と考えて、内容と金額が見合っていないものも
世の中にはたくさんありますから、
良く吟味することが大切かと思います。


では、

「こんな事を書いているのだから、
よほど技術に自信があるんでしょう!
何をしているの?
他のサロンと何が大きく違うの?」

とご質問が出るのではないでしょうか。


私のサロンはマンションの一室です。
それも一人で行っています。東京では助手もいません。

設備も整っていないし、特別なサービスはありません。
そして化粧品や美容に付随した道具もなにも売りません。

ただ、施術のみです。
その上、支払も現金払いで、カードはご使用いただけません。

こんな状況でも、次回もお越しいただけるのか
それは患者様が決めることです。

「次回も施術を受けたいかどうか?」

全ては私の技術にかかっているのです。



そうですね。

自身では、技術が料金に追いついたと自負していますが・・・

どうでしょうか?(笑)


他の施術と比べると、ほんの少しの差があるだけです。

治療をお受けになった方だけが、

おわかりいただけるかと (*^^)v




感謝   中辻 正
<< 花の命は・・・ クラス会 >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj