花の命は・・・



花は綺麗ですね

実は、この仕事をやりだす前には、
花に、さして綺麗という感情はありませんでした。

ところが、「綺麗にする」という目的意識が明確になってきた頃から
花を意識するようになりました。

もちろん花以外にも映画、絵画、うつわ、服装などの
美しさやバランスのとれた状態に対する美意識自体が
高まってきたように感じます。
(と言いつつ、私自身は綺麗ではありません。。。。。)

内心、女性化しているのではという不安も頭をよぎっています。
(50を過ぎて、そんな覚醒はありませんが。。。笑)



ところで、この時期になると、
切り花の命はだんだんと短くなります。

毎日、水を換え、2日に1回程度
茎の先をハサミで切り落としていても、
良くもって4,5日です。

ところが、多くの方がご存知かと思いますが、
キッチンハイターなどの除菌・漂白剤を
数滴入れると、もちが全然違います。
この花は4日目ですが、とっても綺麗に咲いて
心を和ませてくれています。

d0339893_12054868.jpg



花は水を吸いあげるもの。

枝の切り口さえ綺麗にしておけば良いと思っていましたが、
もちの原因は除菌だったのですね。

つまり枝の所で菌が繁殖して、水を吸えない状況にしていく。
枝を切っても、切り口だけでなく、
枝の上の方まで菌が蔓延してしまうと
枯れてしまうようですね。


老化も一緒かもしれません。

では老化の場合には「菌」は何に例えられるのだろう?

それは当然、「筋の硬化」でしょう。(笑)


かなり以前に、
ハイターを入れると花は結構もつよ、と言われたのですが。

こんなことなら、もっと早くにやればよかった。。。
と、思いました。


感謝  中辻 正
<< カネボウ・トワニー化粧品との提携 続・ほんの少しの差 >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj