娘たちへの願い




3月31日から1泊2日で、子供たちと小旅行に出かけました。

場所は琵琶湖の湖畔にある琵琶湖ホテルです。


d0339893_12053547.jpg




全室から琵琶湖が一望できるとっても綺麗なホテルで、

ボーリングや映画館などのアミューズメント施設が隣接し、

夏にはプールも楽しむことができます。


d0339893_12053526.jpg





そして何よりも子供が喜ぶのが夕食と朝食

決まった懐石料理や定食ではなく、

好きなものを好きなだけ取ることのできるバイキングなんです。

実は食に貪欲な私も大変喜んでいました。



今回の利用は3回目になります。

やはり目玉は近江牛のステーキ

地元の近江牛のステーキを、たらふく食べる。

子供たちも食べさせていないのかと思われるほど(笑)

数々の料理をたいらげていました。


d0339893_12053563.jpg





以前にも書いた、ポチャポチャの娘は、

自分のポチャのことも忘れて、

「今日は死ぬほど食べたる~」

と意気込んでいました(笑)


ポチャポチャの記事
→http://renewing-nakatsuji.kireiblog.excite.co.jp/201111/article_1.html



見事な食べっぷりの娘たちを見ながら、

子供の成長の速さに、私の加齢のスピードを比べながら、

嬉しいやら寂しいやら、複雑な気分でした。




この子たちもいつか大人に成長し、泣くことも怒ることもやってくる。

人に裏切られることもあり、恋に悲しみ苦しむこともあるだろう。



そして人に見られることなく、一人で泣くこともあるんだと。。。

当たり前のことですが、そう思いました。




できれば、ず~っと、悲しむことなく苦しむことなく幸せに生きてほしい。

しかし、生きていく限り、これらを避けては通れない。



せめて、素敵な人と出会ってほしい。

たとえ、裏切られることがあっても、恋に泣くことがあっても、

真剣に「よかった・・・」と思える人と出会ってほしい。。。




世の父親はみな同じように願っているのではと、

一人で納得していたのでした





以前、妻に同じようなことを言った記憶があります。


「この子らも、恋に悩み、裏切られたり、振られたりして

悲しむことがあるのかなっ」



その時、妻は

「当たりまえじゃん」

と言ったのを記憶しています。

そっけなく、さらっと・・・・でも、それはあたりまえなんですね



私が若く、狼だった頃を振り返ると、

「あぁ、どうか素敵な男性と出会ってくれ~」と願うばかりです。

勝手ですね。




子供たちをみつめながら、

一生懸命に精一杯生きて、悲しいこと、苦しいこと、つらいこと全てを

いい思い出にできるような、そんな生き方をしてほしいと

強く願う父なのでした。



感謝    中辻 正
<< 天然酵母パン! 癒しフェアで >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj