口の歪みと癌の関係






先日、口の歪みと乳癌とが関った症例がありましたので

ご紹介したいと思います。




何か月か前に初診でお見えになられた女性です。

年齢は45才、お仕事は事務仕事です。

金融関係とのことで、強いストレスと不眠を訴え、

お顔の緊張と口角の歪みの改善をご希望されて来院されました。





お顔を見ると、確かに右の口角が下の方に強く引っ張られ、

悩まれるのも ごもっともな状態でした。





一見して、お口の噛み癖や骨格の異常ではなく、

どこかの筋肉が異常に緊張して、

口角を引っ張っているのだろうと推測しました。





そこで、腰から背中そして首の部分を入念に緩め、

その後 仰臥位(上向きで寝てもらう)になってもらい、

首の前側も緩めました。





非常に硬かったのを記憶しています。





背中を緩めている最中に感じたのですが、

お顔の口角の歪みはお顔の表情筋だけの問題ではなく、

首の筋肉の引っ張りによるものだと感じました。

案の定、首の硬化を改善するうちに

口角の歪みが改善していくのを感じることができたのです。





ただ問題は、この首の筋肉の硬さが

どこから来ているのか、ということでした。

そこで、患者さんに同意を得て、

胸の部分の大胸筋を緩めるマッサージを行いました。





すると残念なことに・・・

明確な親指大のしこりを、あるはずもない領域で感じてしまったのです。





その時点でマッサージを中止し、

専門医へ行って検査することを勧めました。





それから2カ月後に電話がありました。

お礼の電話です。

やはり乳癌だった、とのことでした。





早期発見ということで、「大丈夫!」と

お医者さんに太鼓判を押されたとのことでした。

お乳の部分は切除しなくてはならないようでしたが・・・。





正直、お礼を言われても複雑な気分です。

早期発見でよかったものの、お乳を取ることでの心の痛み、

そして、手術の影響が、お顔の表情の歪みに

出るのではないかという心配も、一瞬、頭をよぎりましたが、

が、

しかし、

です。




命が救われるのであれば、多少のお顔の歪みは・・・・というものです。





○○さん。

頑張ってくださいね。

心から祈っています。

手術後には、またいらしてください(^v^)







今回のケースは、胸にできた癌による異常な緊張が首に伝わり、

それが頤筋から口角下筋および下唇下制筋の緊張を誘発して、

口角の下方への歪みを生じさせていた、という事例です。






特殊なケースですから、頻繁に見られるものではありませんが、

お顔の歪みは表情筋に限ったものではない、ということを

お伝えしたかったのです。






この表情筋に繋がっている、第2、第3の筋群からの緊張も

表情筋に繋がり、お顔の表情は作られているということです。





歪みやくすみ、シワ、しみなどでお悩みの方が

本当にたくさんいらっしゃると思いますが、

お顔だけを見るのではなく、お身体全体から自身を見つめ、

何が原因なのかを考えてみるようにされると

よいのではないかと思います。





今回のような、癌というものではないにしろ、

片方の手で重いバックを持つ癖が原因だったり、

足や膝の痛みをかばい、変な歩き方をしていることが原因だったり、

そんなことが多いのです。





つまり、お顔は、手や足と同様に体の一部である、ということを

まずはしっかり認識してみてください。

そうすれば、体幹が健康でなくては、お顔も綺麗にならない、

ということがご理解いただけると思うのですが、

如何でしょうか。





感謝      中辻 正
<< 新年の抱負には あなたがもし人生に迷っているなら >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj