一生懸命は加齢とともに・・・





17日は名古屋でカネボウ・トワニ?セミナーを行いました。

実家が岐阜ですから、名古屋は行き慣れた場所です。




東京の皆さんに「岐阜から来てるよ」と言うと、

「そうなんですか、大変ですね」とよく言われます。

でも岐阜市は名古屋駅からJRで18分なんですよ。

東京からでも近いんです。




皆さんが知っている高山とか下呂は岐阜駅から電車で2時間。

結構細長い県なんですね。

ですから、若いころは名古屋が遊び場でした。




セミナー中には名古屋弁が飛び交います。

もちろん私も名古屋弁、岐阜弁?ですが、

非常に東京弁に近い口調になっています。

なので、とっても懐かしく感じました。





セミナーの受講生の方々はどの地方の方々も同じです。

何とかこの短い時間に技術を習得しようと一生懸命です。

その一生懸命さが大切です。

一生懸命だからこそ技術は習得できるのです。





もちろん、1日のセミナーで完全な技術習得は難しいでしょう。

しかし「いいかも」「なるほど」「そうか」と

感じることはできると思います。

それでいいと思います。

この感覚こそが次に繋がるからです。





年をとって来ると一生懸命が減ってきませんか。

何故でしょうか

単純にそれが老化なのか、疲れからだろうか

あるいはその必要性がないから

よく分からないのですが、「もっと一生懸命にならなくては」と

私自身も反省することがあります。




おっくうになるのは誰にでもあることだと思いますが

若さの維持にも、何かに一生懸命になることは、

とても大切なことだと感じます。

気力がある方は、みなさんお若いですから。






名古屋でセミナーの後は、東京に戻る予定でしたので、

久しぶりに味噌カツか味噌煮込みうどんでも食べて帰ろう

そう考えながらJPを散策。




でも食べたのは札幌ラーメン。

とっても美味しかったのですが、少し後悔(笑)





感謝    中辻 正
<< オーラのある美しい女性! お台場にて海外気分 >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj