綺麗になる方法



台風が過ぎ去った後の空は、とっても綺麗ですね。

なぜかな

汚れたものを吹き飛ばしてしまった空。

そんなことでしょうか。




さて、今回も綺麗になるためのお話の続きです。

3回目の今になってお話することではありませんが、

私の個人的意見であることはご了承くださいね。




前回も書きました。

綺麗になるためのキーワード

1.綺麗になるということはどういうことなのかを知る

2.綺麗になる方法は人によって違う

3.綺麗になりたいと願う。


今回は2番目のお話です。

「綺麗になる方法は人によって違う」

どういうことでしょうか



鼻が低い人は整形をして鼻を高くすればいい、

目が小さな人はぱっちり大きく見えるようにすればいい、

綺麗になる方法はそれぞれなんだから、

というような、そんなお話ではありません。




前回書かせていただきましたが、

綺麗とはその人の人生そのものだと感じるんです。

力一杯生きている姿が綺麗に見えると私は思うのです。



つまり。

自身の生き方を少しづつ変えるように努力すれば

綺麗に近づくんじゃないかなって思うんです。



考えを変える。

そう、何時もつまらないことを考え、愚痴ばかり言っていたら、

どんなに端正なお顔立ちでも綺麗ではありません。

もちろん、それを見破ることのできない人からは、

綺麗だといわれるでしょうが



女性ばかりではありません。

男性も同じです。

何時も嫌らしい事ばかり考えている人は、決してハンサムではありません。



どうしたら綺麗になれるのでしょうか。




いつもお部屋が片付かない人は、一度時間をかけて

掃除をしてみましょう。

愚痴ばかり言ってしまうなら、愚痴の対象となる人と

思い切って、お食事でもしてみては如何でしょうか。

運動不足で脂肪のたるみが嫌になってきたら、

苦しくて「もうだめだ~」というほど走ってみては。




人生の方向が見えず悩んでいるなら、一度でいいから、

無駄な時間とお金を浪費してみてください。

食事の食べ方が汚いと思うなら、一度おちょぼ口で、

ゆっくりと丁寧に食べてみてください。

自分にセンスがないと感じているのならば、ふだん自分には

不釣り合いだと思うような服装で、人前を堂々と歩いてみてください。

髪型が似合わないと嘆いているのなら、髪をバッサリ切って、

お顔を前面に出してみましょう。

好きな人がいて何も言えず耐えているのなら、

ぶち当たって砕けましょう。

告白しましょう。

砕けたっていいじゃないですか。

言えないのは砕ける自分が怖いから。




何を書いているのか私もわからなくなってきました(笑)



ただ、私は思うんです。

綺麗な生き方がその人をキレイにする。

素敵な生き方がその人をステキにする。

そう思います。



だから人によって人生が違うように、

生き方がそれぞれであるように、

みんな綺麗になる方法も違うはずなんです。




これに気づいたら、もういくつになっても老けていかない。

綺麗なままで、年を重ねていくと思います。




実は、こう書きながら私も、自分自身に言い聞かせています。

素敵な男性になれるような、そんな人生を生きたいと、

願いながら書いているんですね




感謝     中辻 正
<< 化粧品ができました! 綺麗とは? >>

中辻正 ブログ


by renewing-nakatsuj